美空ひばり(AI 歌唱)、新曲「あれから」メモリアル映像に豪華著名人が出演

12月24日(火)11時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



AIによって歌声を蘇らせた世界初の試みとして話題になっている30年ぶりの美空ひばりの新曲「あれから」のメモリアル映像が公開された。この映像に出演する著名人は、生前から美空ひばりと縁が深かった 北野武、幼い頃から美空ひばりの歌声を聴いて育ったリリー・フランキー、歌手として美空ひばりをリスペクトするEXILEATSUSHI、HKT48のメンバーとして秋元康にプロデュースを受けた指原莉乃、歌手UAさんを母に持ち音楽愛好家である若手俳優・ 村上虹郎、弱冠13歳にして各界から注目を集め日本のこれからを担う期待の女優・ 中島セナ。72歳から13歳まで各界でご活躍されている方々が世代を超えて集結した豪華映像となっている。     

18日のCD発売日より、日本コロムビア・美空ひばりホームページでは、映像公開までのカウントダウンがスタートしていたが、ついにカウントダウンが終了し、その全貌が明らかになった。その映像に出演するのは、美空ひばりとゆかりがあった方、美空ひばりをリスペクトする歌手、日本のこれからを担う若手俳優等、世代やジャンルを超えた独自のまなざしや価値観を持つ前述の6名。映像は出演者たちが「あれから」を試聴する様子をそれぞれ正面からストレートに撮影したシンプルな内容。しかし、だからこそ彼らの表情に表れる感動、驚き、尊敬、未知、混乱がリアルに伝わる感情のポートレートとなっている。「あれから」という楽曲が持つ多面的で豊かな感情と、テクノロジーや音楽が持つ「これから」への可能性を全ての日本人が感じ取るきっかけとなる作品に仕上がっている。

よみがえったあの歌声「AI 美空ひばり」新曲「あれから」は、NHKのドキュメンタリー番組内の企画から生まれた楽曲で、作詞とプロデュースを秋元康が担当している。最新の人工知能(AI)技術によって、ひばりの声を現代によみがえらせ、 AI美空ひばりの新曲が誕生した。番組放送後には大きな反響を呼び、大晦日に放送される『第70回 NHK紅白歌合戦』で美空ひばりの歌声が復活することも発表された。 18日にリリースされた新曲「あれから」は、平成元年 1月に発売された美空ひばりの生前最後のシングル「川の流れのように」以来30年ぶりの新曲となる。 

■日本コロムビア公式ホームページ
https://columbia.jp/artist-info/hibari/

シングル「あれから」

2019 年12 月18日発売

COCA17777/¥1,350(税込)
<収録曲>
M1.「あれから-シングル・バージョン-」
M2.「あれから-NHKスペシャル・バージョン-」
M3.「あれから-シングル・バージョン-(オリジナル・カラオケ)」

◎全曲配信中
https://nippon-columbia.lnk.to/yBsCK

OKMusic

「美空ひばり」をもっと詳しく

「美空ひばり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ