山田洋次監督、重病説に「もうすぐ死ぬから詮索しないで」

12月24日(火)16時0分 NEWSポストセブン

映画の舞台挨拶に立つ山田監督(中央)と出演者

写真を拡大

「撮影中、この映画にかける思いがヒシヒシと伝わってきましたね。“命を削って作っている”、そんな表現が大げさではないほどの思いで、監督は挑んでいました」


 映画『男はつらいよ』の撮影スタッフがこう語るのは、山田洋次監督(88才)の様子だ。2019年12月27日、『男はつらいよ50 お帰り寅さん』が封切りとなる。同シリーズは1969年にスタートし、1996年に「寅さん」役の渥美清さん(享年68)が逝去するまで48作を上映。翌年に特別編となる49作目が公開されたが、その後、続編は製作されてこなかった。


「当時、山田監督は50作目でのシリーズ完結を思い描いていたようです。監督としては、『男はつらいよ』が完結していないことがずっと心残りだった。2019年は、第1作が公開されてからちょうど50年。22年ぶりの新作となる今回の作品には、集大成との思いもあったようです」(映画関係者)


 この映画は、4Kデジタル技術を駆使して寅さんの過去の名場面と、満男(吉岡秀隆・49才)やさくら(倍賞千恵子・78才)ら、現在の面々とを融合させる。後藤久美子(45才)が23年ぶりに女優復帰することでも話題だ。さらに観客の年齢層を広げるため、中学生以下の入場料を100円にするという、映画業界史上初のキャンペーンも実施する。


 このキャンペーンには山田監督も大賛成。同作を通じて、映画業界を再び盛り上げたいという切なる思いが監督にもあるようだ。


 しかし、その思いとは裏腹に、撮影現場ではある“異変”が起きていたという。


「撮影は2018年の秋に行われました。山田監督は、自分が納得いくまで決してOKを出すことはありません。それだけ撮影には強いこだわりをもっているかたなのに、体調がすぐれず、集中力を欠いたように見えた日が何度かあったんです。現場では、監督の体調を気遣う声があがっていました」(前出・撮影スタッフ)


 高齢ゆえ、周囲が心配するのも無理はないのかもしれない。


 実際、2017年5月に公開された映画『家族はつらいよ2』の完成披露試写会で、山田監督は「クランクアップまで、ぼくは本当に持つんだろうか。途中でダメになっちゃうんじゃないか」と、撮影中に体調の不安を抱いていたことを打ち明けていた。


「ここ数年、いくつかの病院に通っていらっしゃるようなんです。ご高齢なので通院されていることは自然なことだと思うのですが、病名はもちろん、闘病生活すら一切明かさないから、“重病だったらどうしよう”と、心配する声が増えています。私たちが聞いても“元気だよ”としか言わない。本当の病状を知っているのは、親族を含む監督が信頼しているごく一部の関係者のみです」(前出・撮影スタッフ)


 スタッフたちは、山田監督のその“スタイル”に、ある大物俳優の影を見ているという。


 かつて山田監督は「長い映画人生でめぐりあった2人の偉大な俳優」として、自身の監督作品『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)と『遙かなる山の呼び声』(1980年)に主演した高倉健さん(享年83)と、渥美さんの名前を挙げている。


「渥美さんも健さんも、病気のことは一切公にせずに、最期まで仕事をまっとうしてひっそりと亡くなりました。山田監督も自分の病名について触れることはありません。撮影現場に私情を持ち込まない人なんです」(山田監督を知る関係者)


 自宅から出てきた山田監督に、体調について聞いてみると、笑顔を作ってこう答えた。


「確かに病院には通っているけど、古いつきあいの先生がいて、検査で行っているだけですよ。でもね、ぼくももうすぐ死ぬんだから詮索しないでよ。はっはっはっは!」


 つらいことは一切口にしない、男の矜持が見えた。


※女性セブン2020年1月2・9日号

NEWSポストセブン

「山田洋次」をもっと詳しく

「山田洋次」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ