ポロリ覚悟の温泉懺悔! 元NMB48・須藤凜々花、入浴姿と「(性欲は)自分で処理する」発言でファンを刺激

12月25日(月)16時0分 メンズサイゾー

 24日放送の『旅ずきんちゃん』(TBS系)で、今年注目を集めた女性タレントたちが温泉に入りながら1年を振り返った。


 この番組はレギュラーキャストの大久保佳代子(46)と友近(44)が、ゲストの女性タレントと日本各地の人気スポットに足を運び、さまざまな企画に挑戦するというもの。今回は「温泉懺悔の旅」と題し、2017年世間を騒がせた女性タレントが千葉の温泉施設にそろった。


 まずは、6月に行われた『AKB48選抜総選挙』で「結婚宣言」しファンを驚かせた元NMB48須藤凜々花(21)が登場。恋愛禁止を謳うアイドルでありながら、総選挙という大舞台で結婚を発表した際の心境を明かした。


 もともと「結婚するつもり」で、「(結婚発表の)場所を探していた」という須藤。総選挙なら大勢の人に伝えられると考え、独断で決行したそうだ。しかし、メンバーのリアクションを見た瞬間、「やっべ」と思ったとか。メンバーの顔を見て、初めて事の重大さに気づいたようだ。そして、総選挙の会場を後にした彼女は、ほかのメンバーとの接触を禁じられ、移動の「バス」に隔離されたという。


 結婚宣言で注目を集めた彼女は、その後さまざまなバラエティに出演。そこでも同じようなエピソードを話しており、今回の発言が特別なわけではない。だが、MCの大久保にうまく誘導された彼女は、衝撃的な告白をする。


 大久保に彼との仲を聞かれ、「めちゃくちゃイチャついています。超絶神対応」とラブラブぶりをアピールした須藤。続けて大久保に「どんなことするの?」と追及された彼女は、「なんでもします」と笑顔を弾けさせ、「観覧車に乗ったとき、膝の上に乗って頂上でチューしました。相手の方を満足させたいんですよ」と具体的なエピソードを語った。


 その流れから大久保が「性欲」について聞くと、須藤は「自分で処理できます」と返事。大久保や友近が「え!?」と聞き直すと、須藤は自分で変な発言だと気づいたのか、「...軽い女じゃないって意味です」と慌てるのだった。どうやら、自分で自分の性欲を処理しているのではなく、性欲をコントロールできるという意味のようだ。


 しかしネット上の男性視聴者は、「自分で処理するって、なんかエロい」「自分で自分を慰めてるのかと思った」などと勝手な妄想を膨らませた様子。バスタオル1枚で温泉につかりながらのトークのため、そのセクシーな入浴姿が男性視聴者を刺激したのかもしれない。


 さらに須藤は、トークの締めに水を被りながら来年の抱負を語ることに。その際、思い切り頭から水を浴び、バスタオルがズレてあわやポロリというハプニングが発生。これにもネット上の男性ファンは興奮を覚え、すぐさま画像がアップされることになった。ちなみに須藤の抱負は、来年4月予定の結婚式で得意の「ラップ」を披露することだという。


 そんな須藤の後には、コンビ結成5カ月で『キングオブコント』準優勝の快挙を達成した「にゃんこスター」のアンゴラ村長(23)や、有村架純(24)の姉でグラビアアイドルの有村藍里(27)などが登場。アンゴラ村長は相方であるスーパー三助(34)とのリアル交際を明かして世間をざわつかせたことを、有村は架純をダシにバラエティに出まくったことをそれぞれ反省した。


 須藤同様、最後には豪快に頭から水を被った彼女たち。その姿は「ポロリ覚悟」といった感じで、男性視聴者からはチラッと見えた胸の谷間にハイテンションな声が続出することに。今年、さまざまな言動で世間を騒がせた美女たちだが、今回の番組ではその締めくくりとばかりに色っぽい姿でテレビの前の男性ファンを刺激したようだ。

メンズサイゾー

「温泉」をもっと詳しく

「温泉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ