所ジョージ&林修、『ポツンと一軒家』高視聴率の理由を分析

12月25日(水)5時0分 マイナビニュース

タレントの所ジョージと予備校講師の林修がこのほど、都内で行われたABCテレビ・テレビ朝日系バラエティ番組『ポツンと一軒家』(毎週日曜19:58〜)の取材に応じ、高視聴率の要因を分析した。

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家へ、衛星写真だけを手がかりに訪ねていく同番組は、昨年10月にレギュラー放送がスタート。今月15日までの全放送回の平均視聴率は、関東地区17.2%・関西地区17.4%と高数字で推移しており、最高視聴率は関東地区20.8%(19年9月29日)、関西地区22.0%(19年6月30日)となっている。

番組が1周年を迎えた感想を求められると、所は「もう反省ですよね」と一言。「別に怠けているつもりはないけど、あの人たち(ポツンと一軒家で暮らしている方々)を見ちゃうと、『あー、まだまだ俺は手を抜こうとしてるなと』思いますよ」と語った。

一方の林は、番組を「現代の奇跡」と表現し、「こういう方々がこういう暮らしをしているとはまったく想像していなかったし、今、テレビがなかなか難しいと言われる時代の中で、こんなに支持していただけるというのはいろいろな意味で奇跡だなと思っています」としみじみ。

続いて、番組スタート当初から高視聴率を獲得できる手ごたえはあったかを聞かれると、所は「いや、ない!」とキッパリ。「こんなに“ポツン”という言葉が動き出し、みなさんが『ポツンと一軒家』を見てくれるっていうのは、初めは全然ないですよね」と明かした。高視聴率になった理由については「“ポツンと一軒家”に住む人たちはどんな人なんだろうとか、気になっていた人がいっぱいいたんじゃないですか?」と分析する。

林は、高視聴率の要因を「しっかりと土地とつながって生きている感覚がない都会の人から見ると、不便かもしれないけど、『この土地で自分だけじゃなく先祖代々生きてきたんだ。だからここで生きる』という自分にないものをみせつけられて、ああ、こういうのも良いなって思う人が多いのでは」と推察。

さらに、「視聴率に関して言うならば、この番組の前身(『人生で大事なことは○○から学んだ』)が非常に苦しみましたので」と振り返りながら、「その中から数字の獲れる企画が出てきた。でも、どこまで続くんだろう? どこまで行くんだろう? っていう感覚はありましたね」と本音を打ち明けた。

また、林は「自分だったらこういう企画を立てようと思わない。そんな山の中に住んでいる人の話聞いて何が面白いのっていう」とも。すかさず、所が「たしかに、日曜日のゴールデンにしては地味だよね(笑)」と同調すると、林は「って思いますから、こういう案を出してくれたスタッフはすごいなと本当に素直に尊敬します」と敬意を表していた。

年内最後の同番組は、29日(19:58〜22:00)に2時間SPを放送する。

マイナビニュース

「視聴率」をもっと詳しく

「視聴率」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ