今田耕司、眠れなくなるほど後悔したナンパを語る 「今は声かけられへん」

12月25日(水)11時31分 しらべぇ

今田耕司

クリスマスイブの24日に放送された『さよなら! アローン会』(NHK)は、今田耕司、ナインティナイン・岡村隆史、ピース・又吉直樹ら独身男芸人らで構成されたアローン会が、独身ならではの苦悩と将来を語りあう人気番組の第2弾だ。

最年長で会のリーダーでもある今田は、53歳になって「若いときと違い、ナンパができなくなった」と告白。10年ほど前、最後のナンパ経験を振り返った。


◼昔は気軽にナンパできたが…

昔は「ポップに声をかけられた」今田だったが、「むっちゃ悩む。声かけたいけど、今は声かけられへん」と現在はナンパも出来なくなったと明かす。

「50代の、テレビで見たことある人にナンパされるってめっちゃ怖いやろ」と相手の心境を推測。また、SNSやネットの普及もあり「うまくいくかもしれないが、向こうの漫談にされる可能性もある」と自身のナンパが笑い話にされるかもしれないと又吉は危惧する。


関連記事:男性必見!ナンパ成功率が上がる「新スポット」が明らかに

◼今田の最後のナンパ

それでも「10年前に最後のナンパをした」と今田が振り返っていく。

渋谷の映画館で好みの2人組に遭遇した今田。一緒に映画を観た宮川大輔と2丁拳銃・川谷修士はもともとナンパをするタイプでもなく既婚者、引き気味だったため今田が1人で声をかけることに。

今田は雨のなか、声をかけ呼び止めたものの、対面した瞬間「持っていた傘が震えた」ほど緊張しはじめる。どう話せばいいか、傘がぶつからないようにどう持てばいいのかもわからないほどパニックになり、傘から垂れる雨のしずくで自分の顔がびしょ濡れになってしまったと語る。

◼視聴者も同情

「相手は怖かったでしょうね」と岡村は予想。今田は「めっちゃスベったのを思い出して目が覚める場合があるけど、それのナンパバージョン。いま思い返しても寝られへん」と、うなされるほどのナンパだったと苦笑いを浮かべた。

今田が振り返ったナンパ話に視聴者からは、「43歳でナンパのときめっちゃ緊張した話してるのめっちゃかわええわな」と好意的な声も。

一方で「ナンパエピソードがしみじみ切なかった」「今田さん、過去のナンパがトラウマに」「今田耕司でさえナンパしなきゃいけないなんて、世知辛い世の中だよなぁ」と独身男性の悲哀を感じ、同情する声も目立っていた。


◼1割強が「ナンパ経験者」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、全体の14.8%が「ナンパをしたことがある」と回答している。

ナンパの調査

ナンパをするタイプは少数派のようだが、「声をかける」のに抵抗が少ない芸人にとっては日常的な行為なのだろう。今田は歳を重ね、ナンパに抵抗を覚えてしまっただけに、ますます出会いの機会を失っているのかもしれない。


・合わせて読みたい→純烈・酒井一圭、新番組での希望 「ナンパ生活送ってみたい」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



しらべぇ

「ナンパ」をもっと詳しく

「ナンパ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ