山下達郎に新たなクリスマス伝説 「あの名曲披露なし」にファン大興奮のワケ

12月26日(土)14時44分 J-CASTニュース

山下達郎さん、クリスマスにハプニング

写真を拡大

歌手の山下達郎さん(62)が「のどの不調」を理由に公演を中断したことがファンの間で反響を呼んでいる。

山下さんは2015年10月から全国ツアー中。今回の公演は12月25日に岩手県民会館で行われた。


公演途中で中断


キョードー東北の発表によると、山下さんは公演中、のどの不調によって一定の音域が出にくい状態になった。納得のいくパフォーマンスができない状況が続き、「このまま公演を続けることは、お客様に対して不誠実」と考え、自ら中断を決めた。後日、振替公演を行うという。


この日はクリスマスだ。多くのファンは代表曲「クリスマス・イブ」を聞くのをさぞ楽しみにしていたことだろう。だが、結局、披露されないまま中断となってしまったようだ。


そのためネット上には「クリスマスイブ歌わないとか詐欺」「その日しか来れない方もいるわけだから、それでもやり抜くのもプロだとも思う」「プロ失格としか思えない」といった批判的な声も出ている。


しかし「神対応」として支持する声も多い。


山下さんが中断したのは、公演開始から約90分が経過したころだった。キョードー東北によると、公演予定時間は約3時間。つまり、すでに予定の半分を終えた段階で決めたというわけだ。にもかかわらず、後日行われる振替公演では今回のチケットをそのまま利用できるという。


「プロ意識の塊だ...」「さすがです!」


もちろん振替公演日に行くことができず、払い戻しをすることになる人もいるだろうが、ファンにとっては嬉しい対応だろう。これを受けツイッター等では、今回の公演をみてきたファンたちが


「今回のチケットは追加料金は無く、そのまま有効。プロ意識の塊だ...」

「ファンにとっては素晴らしきかな大人な対応、ちょっと興奮気味です」

「あのままお茶を濁さないってのがさすがです!」

「ベストな状態の公演がもう一回見られるかと思うとちょっとお得」

などとコメントしている。中には「伝説に立ち合えた」と満足げに振り返るファンもいるほどだ。


ちなみにファンらの報告によると、山下さんは「どうしても高音のGの音が出ない」と語っていたという。キーを下げて最後まで公演を行うこともできたはずだが、山下さんそうはしなかった。今回の一件は「職人気質」「完璧主義者」として知られる山下さんらしいエピソードとして、新たな「伝説」となったようだ。

J-CASTニュース

「山下達郎」をもっと詳しく

「山下達郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ