増田貴久「自らの人生と照らし合わせた」ドラマ『パレートの誤算』に出演

12月26日(木)22時0分 マイナビニュース

WOWOWで2020年3月からスタートする橋本愛主演の連続ドラマ『パレートの誤算〜ケースワーカー殺人事件』に、アイドルグループ・NEWSの増田貴久が出演する。

増田が演じるのは、橋本演じる主人公のケースワーカー・牧野聡美の同僚、小野寺淳一。ある殺人事件をきっかけに、町全体を覆う不正の影と生活保護をめぐるさまざまな人たちの人間模様に聡美とともに巻き込まれていくという役どころ。

増田は原作を読んだ感想について「僕は本を読むのがあまり得意ではないのですが、スラスラ読めてしまいました。本があまり得意でない僕ですら夢中になって読むことができた本作の映像化ということで、演者としても視聴者としてもとても楽しみです。タイトルにも繋がる『パレートの法則』自体も、とても興味深くて。法則に自分を当てはめた時に『僕はどちらの方にいるのだろう』と自らの人生と照らし合わせながら読んでいました」とコメント。

さらに増田は「正直なところ、生活保護の現状を自分もあまり理解できていなかったですし、他人事で関係ないと思っている方のほうが多いと感じました。本作に関わらせていただいて、こういった実情を深く知り、どういった方が生活保護を受け、どのくらいの金額を受け取られていて、そのお金の出どころを知ることで、これからも税を納めていく1人として考え方を改めました。ドラマというエンターテインメントで1人でも多くの方にこの現状を知っていただき、考えるきっかけになってくれればいいなと思います」と、このドラマを通じて視聴者に届けたい思いを語った。

マイナビニュース

「増田貴久」をもっと詳しく

「増田貴久」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ