芸能界最強の“ダブル玲奈“!? 武田玲奈、元SKE48・松井玲奈に負けない存在感

12月27日(日)12時0分 メンズサイゾー

 次世代のショートカット美少女としてネット上を中心に人気と知名度を高めつつあるモデルの武田玲奈(18)。そんな彼女の今年の活躍を総決算するかのような称賛の声がネット上に巻き起こっている。


 武田は25日深夜放送の不定期特番『アニマゲー』(MBSほか)に登場。この番組は歌手の西川貴教(45)と元SKE48の松井玲奈(24)がメーンキャストを務め、アニメやゲームにまつわる最新情報を発信するというもの。以前から武田はインタビューなどで『けいおん!』や『ラブライブ!』といった美少女たちが活躍する人気アニメが大好きだと話しており、今回の放送でもアニメファンとして熱いトークを繰り広げた。


 そんな武田に劣らず視聴者もかなり興奮した様子。というのも、この日の武田はワンピースタイプの肩出し衣装だったため。ふんわりとしたニット素材で露出度が高い衣装ではなかったものの、キレイな鎖骨がカメラに映るたびにネット上の視聴者は、「やけにセクシーだな」「鎖骨から色気があふれているみたい」「カラダつきが最高にエロい」などと大きな盛り上がりを見せた。正統派美少女といったルックスの彼女の笑顔には10代ならではのあどけなさも十分だったが、大人びた服装だったこともあって色っぽい魅力を感じた人も多かったようだ。


 さらに、ファンの間からはMCの松井と武田が同じ名前であることから「芸能界最強のダブル玲奈だな」といった声も。武田はアイドルとしての活動は展開していないが、「AKBグループにいたら神セブン入りは間違いない」といったコメントも続出し、多くのファンをうならせた。


「武田さんは2013年に芸能界デビューしていますが、これまではモデルとしての活動がメーンだった。今年に入ってから女優としての活動を始めており、くらべるまでもなく知名度的には松井さんの方が高い。年齢的にも松井さんが上ですし、芸能界のポジションとしても武田さんはまだまだ若手。いわば松井さんは格上の存在となるワケですが、番組中の武田さんはそんな彼女にも負けないほどのキラキラとした存在感を発揮していて、それがファンには驚きだったのかもしれませんね」(ネットライター)


 今年3月公開の映画『暗殺教室』で女優デビューした武田。この映画でこれまでのロングヘアーをバッサリ切った彼女は、ネット上で「とんでもないショートカット美少女がいる」と注目を集めた。同時期にグラビアデビューを果たした彼女は、漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙を5度飾る快進撃を見せ、あっという間に男性人気を高めた。


「かつて武田さんはインタビューで芸能界に入ったきっかけをファッション誌『Popteen』(角川春樹事務所)などで活躍するモデルで"魔界アイドル"の異名を持つ椎名ひかりさん(21)に憧れたためと話しており、事務所も同じところに所属しています。ただ、タレントとしてのタイプは別で、武田さんは女優業に対して積極的な意向を示している。


 まだキャリアをスタートさせたばかりですが、すでに若手注目株が多数そろった『表参道高校合唱部!』や『監獄学園−プリズンスクール−』(共にTBS系)などの連続ドラマに出演。『監獄学園』ではセクシーな生着替えにも挑戦して話題を集めましたね。女優としての評価が取り沙汰されるのはこれからでしょうが、透明感抜群のルックスはカメラ映えしますから露出が増えるたびにファン層を広げそうです。今年8月にSKE48を卒業した松井さんも女優業に本腰を入れ始めていますから、ネットの声にあるように"ダブル玲奈"で共演ということもあるかもしれませんね」(芸能ライター)


 来年1月スタートの連続ドラマ『傘をもたない蟻たちは』(フジテレビ系)に出演する武田。ジャニーズアイドル・NEWSのメンバーで作家としても活躍する加藤シゲアキ(28)の同名短編小説集が原作とあって注目度も高いドラマだ。この作品で武田は2016年の見事なスタートダッシュを決めてくれることだろう。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

武田玲奈をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ