三瓶“もしツアと大先輩からの餞別”トルコに置いて帰国

12月27日(金)3時41分 ナリナリドットコム

タレントの三瓶(43歳)が、12月26日に放送されたバラエティ番組「いまだ大明神」(フジテレビ系)に出演。今年2月のトルコ移住(※現在は帰国)の際に、大先輩芸能人から贈られた品を“お焚き上げ”した。

親友である女優・タレントの平愛梨の夫という縁で、サッカー日本代表・長友佑都選手の専属料理人として、今年2月にトルコ移住を決意した三瓶。16年以上レギュラーを務めたバラエティ番組「もしもツアーズ」(フジテレビ系)も卒業し、退路を断って移住したはずだったが、わずか2か月で帰国、現在は元のお笑い芸人として活動をしている。

この日、「思い出したくないですね。あの国でのことは……はい……」と暗い面持ちで語る三瓶。渡航前、「もしもツアーズ」の卒業回で、三瓶の新たな門出を祝う際に、キャイ〜ンの天野ひろゆきからペティナイフを贈られ、「一生大切にします」といってトルコへと旅立ったが、トルコに着いて3日目にはホームシックになっていたという。

「絶対帰ってこないという気持ちは?」と聞かれた三瓶は「ありました。4日前まではその気持ちで日本を飛び立って、トルコ着いて。着いた3日後にはそう(ホームシックだと)思ってた」と激白する。

そして、「3日後は早過ぎないか?」との声には「自分の中では1か月くらいの感じだった。3日が。(日本との)時差が6時間くらいあった。その日あった出来事とかを喋る人がいないっていうか。寂しくなるじゃないですか。そういうのが3日積み重なっちゃったって感じですかね」と、限界が来るまでのキャパシティが3日間しかなかったようだ。

気になるのは、この話を打ち明けられたときの長友選手の反応だが、三瓶は「長友さんも『あんまり溜め込まないほうがいいんで、そういうのはどんどん言ってください』って言ってくれる方なんで。3日目の夜に言いました。最初、二度見みたいなことされましたけど、え? え? みたいな。え? みたいな」と、かなり驚いた様子だったという。

その後、長友選手のシーズンが終わるのを待つことになり、「そこまでとりあえず耐えよう。長かったですね」と、結局、トルコ移住から2か月で帰国。その際に、天野からもらったペティナイフや、「もしもツアーズ」のスタッフから餞別として贈られた特製エプロンも現地に置いて帰ってきたそうだ。

ちなみに、帰国後に天野からは「結構、ガチ目で説教されました……」とのことだが、すぐに今田耕司は「ガチ目じゃないよ、ガチやろ!」とツッコミ。

また、俳優でタレントの中尾彬から「(トルコの)何がいやだったんだい?」と素朴な質問が出ると、三瓶は「寂しかったです」と回答。今田に「愛梨ちゃんがおるやんか、親友の」と指摘されると、「でも、(家に)帰ったら一人じゃないですか」と返したが、「それは東京でも一緒やん!」とツッコまれると「すごい……言ってきますね……」と不満そうな表情を見せた。

今田は「お焚き上げすんのか? スタッフさんの(エプロン)。燃やすんか? これだって家で使えるやんどっちも」と、ペティナイフもエプロンも燃やすべきではないことを遠回しに伝えたが、「思い出しちゃうじゃないですか。トルコを」と、ここは固い意思を見せる三瓶。

最後に、再び今田が「そんなに辛かったん? ホームシックやろ? たかだか」と確認すると、三瓶は少しキレ気味に、先輩である今田に対して「たかだか?」と反発した。

なお、こうしたやりとりを傍目で見ていた“みちょぱ”こと池田美優は「(三瓶とは)私、初めましてだけど、本当に最低だと思う」とバッサリ。ただ、三瓶は「なんとでも言ってください」と開き直り、結局、ペティナイフもエプロンも、炎の中に消えていった。

ナリナリドットコム

「三瓶」をもっと詳しく

「三瓶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ