バス旅がついにフィナーレ!「最後は本当のバス旅が見たかった」の不満が

12月28日(土)9時59分 アサ芸プラス

 太川陽介蛭子能収がローカル路線バスを乗り継いで目的地を目指す「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が、12月25日放送の「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)で最終回を迎えた。2人は17年1月の第25弾で引退したが、旅バラがスタートすると復活。だが、蛭子が高齢になり体力的にきつくなったことから、2度目の引退となった。

 最終回はマドンナが3人も登場し、フィナーレに華を添えた。だが、バス旅ファンからは最終回に批判的な意見が上がっている。

「以前のバス旅は2泊3日で行われていました。それが旅バラになってからは1泊2日に短縮。旅が短くてつまらないという声が上がっていました。最終回も1泊2日。蛭子の体力を考慮して1泊2日になったそうです。でも最後ぐらい2泊3日にしてほしかったという意見が出ているんです」(テレビ誌ライター)

 ネットには「本当のバス旅が見たかったのに」「あっさりした旅で残念」という声も出ている。

 またマドンナの人選にも疑問の声が上がっている。今回は過去に登場したマドンナが3人も登場。蛭子がもう一度旅をしたいマドンナを選んだという。選ばれたのは加藤紀子さとう珠緒、熊切あさ美の3人だった。

「まったく意外性のないメンバーですね(笑)。ファンなら簡単に予想できます。それならば、もっと別の人を選んでほしかった。別の人とは、ズバリ、マルシアです」(前出・テレビ誌ライター)

 第19弾で登場したマルシアは、わがままし放題。蛭子以上の“クズ言動”を繰り返し、太川に「注意してほしい」と蛭子がお願いするほどだった。マルシアが出れば、蛭子が困る様子が見られたに違いない。

 これにて12年にわたって続いたバス旅も終了。蛭子能収と太川陽介にはお疲れ様の声が寄せられている。

アサ芸プラス

「バス」をもっと詳しく

「バス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ