ハタハタ200匹を延々下処理... 「YouTuber・所ジョージ」の人気が「ゆるーく」上昇している

12月28日(金)17時3分 J-CASTニュース

世田谷一郎さん(所ジョージさん)のYouTubeアカウントから

写真を拡大

タレントの所ジョージさん(63)が運営するYouTubeアカウント「世田谷一郎」がネットユーザーの間で話題だ。

約6年前の開設時点では「知る人ぞ知る」アカウントだったが、最近はそのユニークな投稿内容からジワジワと人気が広がり始め、認知度が上昇。趣味の多彩さで知られる所さんらしい幅広い内容の投稿が好評を博している。




「タイに比べるとハサミで解体できるので楽」とつぶやきながら...



最近注目を集めたのは、2018年12月20日に公開された「見失った目的」とのタイトルがつけられた動画。「ハタハタが200匹ぐらいあるんですけど」とのナレーションで始まる約9分間の動画の前半では、所さんがハサミを使ってハタハタを黙々と解体していく様子が収められている。



動画にはその後もナレーションで、「タイに比べるとハサミで解体できるので楽」「数が多いので、やりがいがある」と、所さんの感想が添えられている。



ハタハタの解体シーンが終わると、今度は所さんがクルミを金づちで割るだけのシーンが流れる。「クルミを割る機械に挟まらないぐらい大きいクルミなの」と言う所さんが挑むのは約400個のクルミを割る作業だ。当初の目的は出来るだけ中身を崩さずに取り出すことだったと明かすも、次第に作業が雑になっていったという所さんは、「まだまだダメだな俺は」と、自分自身にダメ出しをしている。





絶妙な「ゆるさ」が人気の秘訣か?



このほか、所さんが投稿しているのは「プラモデルなどの工作」「ブリキ製の車の模型の組み立て動画」など、悠々自適な雰囲気がつたわってくるものばかり。中でも投稿数が多いのは「最近の唄」と題されたシリーズで、最新のものはナンバーが171になっており、ロングシリーズとなっている。特筆すべきは4か月前に投稿された「このトイレットペーパーを替えるのはあなた」というタイトルの楽曲。歌手の和田アキ子さん(68)の「あの鐘を鳴らすのはあなた」にインスパイアされた(?)歌詞と曲調の楽曲で、添えられているメッセージは「紅白のトリは、もうこの曲だあ」というものだ。



チャンネル登録者数は5万5000人、さきほどの「ハタハタ」動画は5万回と、所さんクラスとしては少なめに見えるが、最近ネット上ではにわかに注目度が上昇。これらの動画を見たネットユーザーからは、「まじで趣味人だな」など、絶妙な「ゆるさ」を良しとする声が続々。「こんなの即チャンネル登録だわ」と、早速ひいきにしたとの声も上がっている。



所さん本人が醸し出す自由な雰囲気に、思わずなごんでしまったネットユーザーは多いようだ。



(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「所ジョージ」をもっと詳しく

「所ジョージ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ