三池崇史監督の分煙提案が業界に波及 撮影所にメッセージも

12月28日(月)16時0分 NEWSポストセブン

日活撮影所の「新喫煙所」でたばこの煙を燻らせる三池崇史監督

写真を拡大

 受動喫煙防止の目的などから職場内で進む分煙対策。いまでは大企業を中心に屋内・屋外に専用の喫煙スペースを設ける事業所は増えた。ところが、喫煙者にとってみたら、必ずしも「快適な空間」とはなっていない。


「ウチの会社の喫煙所は質素なプレハブづくりで4人も入ればギュウギュウ詰め。たばこをゆっくり吸いながら気分を落ち着かせるなんてことは到底できません。


 屋外にも喫煙所はありますが、建物の裏手にある倉庫脇、しかも日の当たらない場所で、〈私語厳禁〉〈長時間の喫煙禁止〉〈吸い殻以外のゴミを出すな〉なんて注意書きだらけ。ささやかな休憩も後ろめたい気分になります」(千葉県内にある機械メーカーの従業員)


 これでは仕事で張り詰めた緊張を解きほぐす“一服の効用”など望めるはずもない。


 しかし、こんな空間だったらどうだろう——。喫煙所をはっきりと示すデザイン調の共通標識。そのスペース内には、灰皿と街中のオープンカフェを思わせるオシャレな赤いチェアが数脚置かれている。


 そして、各喫煙所の壁面には、


〈議論の火花は散らしても、火の粉は散らすな〉

〈常識をこえた作品を。スペースをこえない喫煙を〉

〈物語の行方と煙の行方は、最後まで見届ける〉

〈マナーを守ると、現場の空気はちょっとよくなる〉


 といった、センス溢れるキャッチコピーの書かれたプレートが掲げられている。コピーライターの岡本欣也氏が手掛けた、さり気なくも目を引く文言が喫煙者を和ませつつ、マナー啓発にも役立っている。実に気の利いた喫煙所だ。


 これは映画会社、日活の調布撮影所(東京・調布市)内で今秋整備されたばかりの喫煙スペース。日々、独創的な作品づくりに追われる映画会社らしい分煙対策といえるが、発案者は『十三人の刺客』や『クローズZERO』、『ヤッターマン』などの作品を次々と世に送り出す三池崇史監督だった。自らもスモーカーの三池監督は、兼ねてより撮影所の喫煙スペースの在り方について、一家言を持っていたという。


「愛煙家の側から理想的な分煙を発信していこうという思いから始まり、吸う人にも吸わない人にも心地よい環境を作ることがテーマでしたが、空間をデザインするというのは本当に難しい。


 なんせ、撮影所というのは各社に個性があり、それはその撮影所の歴史が作り上げているもの。そこに自然に存在できる喫煙所空間をつくることは、そこで創られてきた映画そのものと溶け合うような不思議な感覚があります」(三池監督のコメント)


 映画業界とたばこは切っても切れない関係にある。もちろん、監督をはじめ、出演俳優や撮影スタッフがたくさん集う撮影所は、コミュニケーションの場として喫煙所の存在が大きい。


 それだけではない。映画ファンの記憶に刻まれた名作には、たばこが重要なシーンの演出に使われたケースも多い。三池監督は、そうした映画業界の歴史や文化を残した分煙環境づくりに頭を悩ませたのである。


 実際に所内の喫煙環境整備を手掛けた日活・映像事業部門撮影所グループの佐藤龍朗氏(施設管理チームエキスパート)もいう。


「昔の日活アクションシリーズなどは、暗闇でたばこに火をつけることで顔が浮かび上がる演出があったり、エンディングで主人公がたばこを揉み消して颯爽と去っていくシーンが印象的だったりと、たばこは映画の『小道具』として欠かせないものでした。タイミングやきっかけ、間を持たせる効果もあったのです」


 いまはテレビドラマを中心に喫煙シーンを自粛する作品も増えたが、映画の世界は文化的なアイテムとしても、たばこを用いた表現の自由度を確保している。それだけ喫煙者に寛容な業界といえる。だが、撮影所内では非喫煙者への配慮も決して忘れてはいない。


「最近は若者や女性でたばこを吸わない人も多いので、壁で囲った喫煙スペースでも、人の出入りが激しい場所に煙が行かないよう、排気ダクトで風の向きを変えるなどしています。


 撮影所は様々なセットや配線なども多く、施設の管理上、火の取り扱いにはさらなる注意喚起が必要でした。そんな中、三池監督のアイデアも取り入れた喫煙スペースを設けることで、喫煙者・非喫煙者双方が気持ちのいい空間をつくることができましたし、利用者全員のマナー向上に繋がるものと期待しています」(前出・佐藤氏)


 三池監督の提案は日活のみならず、東宝など別の映画会社にも広がり、自主的な分煙整備の流れは業界全体に波及しているという。


 日活・調布撮影所内の屋外11か所に設けられた喫煙スペース。その中でも三池監督が特にお気に入りの場所には、こんなコピーが躍っていた。


〈極道もお化けも怪獣も。ここではマナーを守ります〉


 自身がメガホンをとる『極道大戦争』の撮影中に考案されたというメッセージだ。三池監督が分煙対策で魅せた演出は、たばこ議論に象徴される“マイノリティー排除”の社会風潮にも一石を投じたのではないか。


※編集部より/日活の調布撮影所内は一般の見学者受付は行っておりません。

NEWSポストセブン

「分煙」をもっと詳しく

「分煙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ