不倫でイメージダウンの渡辺謙 見本にすべきは真田広之か

12月28日(金)16時0分 NEWSポストセブン

不倫報道後の好感度に真田広之と差がついた渡辺謙

写真を拡大

 2018年5月に南果歩と離婚した渡辺謙。現在、2017年に交際が発覚した21才年下のジュエリーデザイナー・A子さんとともに軽井沢の別荘を拠点に生活しているという。


 つまり、渡辺はA子さんとの不倫の末に離婚し、その後もA子さんとの関係が続いているというわけだ。


 ちなみに、南は2018年11月に『とくダネ!』(フジテレビ系)の独占インタビューを受けたものの、離婚の原因については語っていない。しかし渡辺とA子さんの軽井沢生活を伝えた21日配信のNEWSポストセブンは、


「謙さんの不倫が発覚した後に開かれた乳がんのイベントで南さんが、“精神的な疾患を患った”と夫の不倫をにおわせて告白したことに、謙さんが“プライベートなことをわざわざ公の場で話す必要はない”と激怒して、“もうあなたと続けることは難しい”と南さんに告げたことが離婚の真相だそうです」


 という、南の知人証言を紹介。南は結婚生活に未練があったようだが、渡辺がA子さんを選んだ形になった。


 日本だけでなく世界で活躍する渡辺だが、不倫の末に離婚したという私生活に対する風当たりは強い。今回の“別荘生活”に関する報道に対して、ネット上では、


「俳優としては優秀かもしれないけど、1人の男としてはどうだろう?」

「渡辺謙はあまりにも節操がないので、俳優として名を売っていても評価したくない」

「妻がガンと戦ってる時に裏切った男という印象。 俳優としては素晴らしい実績があっても、人としては最低」


 などと、かなり痛烈に批判されている。さらには、


「ハリウッド俳優と言われているけどそんなに?と 感じる」

「やたらハリウッド映画に出たりしてるけど 俳優として魅力あるのかな?」


 と、俳優としても散々な言われようだ。


 一方、ハリウッドを舞台に活躍する日本人俳優といって思い出されるのが、渡辺と映画『ラストサムライ』でも共演している真田広之だ。


 現在はアメリカに拠点を移し、活動している真田。最近では人気ドラマシリーズ『ウエストワールド』シーズン2にも出演中で、日本国内での人気も上々。SNSでは、


「シーズン2も鳥肌たった シーズン3制作決定してるけど 今すぐ見たい!! シーズン2に出てきた真田広之 かっこよすぎ!」

「ウエストワールドの真田広之カッコイイ、、」

「ウエストワールドの真田広之と菊地凛子がかっこよい… ショウグンワールドしっかり作り込まれててさすが…」


 などと、大好評となっている。今年11月には日本で紫綬褒章も受章した。


 ハリウッドに進出した俳優としては好感度に差がついてしまった渡辺と真田。2人について芸能情報に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏が分析する。



「渡辺さんは日本と海外とを行き来しながら両方で活動していることもあり、日本国内で私生活が報じられる機会も多い。一方、真田さんは日本での活動があまりなく、私生活が報じられることも少ない。結果的に真田さんは俳優としての仕事のみを評価されやすい状況であるのに対し、渡辺さんはスキャンダルばかりが先行してしまいがちだということなのだと思います。


 そして、渡辺さんのスキャンダルが“不倫”だったということは、なによりも重要なファクターと言えるでしょう。不倫のイメージは本当に悪いですからね。1回の不倫が原因で、芸能生活が完全に終了してしまうこともあるくらい。そういう意味では、渡辺さんの傷口はまだ浅いといえそうです。仕事にはそこまで大きな影響はなさそうなので、“どうにか耐えている”といった状況なのかもしれませんね」


 しっかり仕事を評価してもらえている真田だが、過去には不倫騒動を起こしたことがある。1995年、当時女優の手塚理美と結婚していた真田は、映画『写楽』で共演した葉月里緒奈との密会を写真週刊誌に報じられたのだ。葉月は当時、雑誌の取材に対して「奥さんがいたら付き合ってはいけないんですか?」などと発言し、“開き直った”ということで大バッシングを受けていた。


 さらに、真田と葉月との不倫報道の数か月後に、手塚は真田との間にできた第2子を出産。つまり、真田は妻が妊娠している間に不倫をしていたこととなる。その後、1997年に真田と手塚は離婚することとなった。


「真田さんと葉月さんの不倫騒動は、当時相当マスコミを騒がせました。真田さんも葉月さんもイメージダウンはかなりのものだったと思いますね。ただ、真田さんは2003年の『ラストサムライ』出演を契機に、ロサンゼルスに拠点を移し、日本のマスコミから距離を置くこととなります。仕事に集中できる環境になったことで、過去のスキャンダルも忘れ去られ、俳優としての姿のみを見てもらえるようになったのでしょう」(大塚氏)


 不倫によって危機的状況になりかねない渡辺。真田のように完全に海外へと渡り、仕事に集中することが、再浮上への一歩となるのかもしれない。

NEWSポストセブン

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ