峯岸みなみ、生誕祭で宣言「絶対に中途半端な卒業の仕方はしない」

12月28日(金)11時0分 Techinsight

小嶋真子、峯岸みなみ、込山榛香(画像は『AKB48 LOD撮影スタッフ 2018年12月26日付Twitter「0号です。峯岸みなみ26歳の生誕祭。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48峯岸みなみが11月15日に26回目の誕生日を迎えたことから12月26日、AKB48劇場で『込山チームK「RESET」公演』及び「峯岸みなみ 生誕祭」が行われた。AKB48第1期生のなかで唯一の現役メンバーとなった彼女が、スピーチのなかで卒業について語った。

峯岸みなみとともにバラエティ番組で活躍してきた指原莉乃が12月15日にHKT48のコンサートで来春グループから卒業すると発表、AKB48チームKの藤田奈那も9月29日に行われた「RESET」公演でAKB48からの卒業を発表している。

峯岸は「本当に寂しい!」と続く卒業発表を振り返りながら、「ずっといることが悪みたいに言われるのが悲しい…」と胸のうちを明かした。

しかし26歳になり、「自分の好きなことを胸張ってできるようになったら卒業発表したい」との思いを抱いたという。まだまだ今の自分ではそこに至らないので「絶対に中途半端な卒業の仕方はしないです」と宣言。「自分と見てる人が納得いくまでAKBにいさせてください!」と呼び掛けた。

AKB48 LIVE!! ON DEMANDの撮影スタッフが運営するTwitterアカウントで「峯岸みなみ26歳の生誕祭。『中途半端な卒業はしません!』」とそのスピーチを取り上げて「やはり『峯岸みなみ』という存在はAKB48に必要な存在だと再確認しました。誕生日おめでとうございます!」とつぶやき、反響を呼んでいる。

フォロワーから、「その通り 峯岸みなみ 大切な存在です! AKB48? みなみちゃんしか、もう解らないかと回りの人達言ってます!」「中途半端というか、まだ卒業してもらっては困る(賛否両論あるけど)」「あの大騒ぎは…なんだったの? もっと自由に!」「信じる道を行くことは良いことだ…気にせず突っ走れ!」など味のある激励が多いのも峯岸みなみならではだろう。

藤田奈那が「峯岸さん生誕祭 ご本人に伝わってるかどうかわかりませんが、本当に本当に大好きな先輩なのです チームKにいてくれてありがとうございます! 感謝!!」というように表立っては目立たないが、峯岸みなみは多くの後輩を育て慕われてきたことが分かる。今のAKB48にこそ必要な存在なのかもしれない。

画像は『AKB48 LOD撮影スタッフ 2018年12月26日付Twitter「0号です。峯岸みなみ26歳の生誕祭。」』『藤田奈那 2018年12月26日付Twitter「峯岸さん生誕祭」』のスクリーンショット

Techinsight

「峯岸みなみ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「峯岸みなみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ