キアヌ・リーヴス、沢尻エリカの名前も 「最もグーグル検索された俳優」全地域版TOP10発表 

12月29日(日)11時0分 クランクイン!

 米グーグルが毎年恒例の1年を振り返る「Year In Search」を発表。「2019年に最もグーグル検索された俳優」全地域版の1位は、海外ドラマ『Empire 成功の代償』の俳優のジャシー・スモレットだった。トップ10には、今年逮捕された俳優の新井浩文と女優の沢尻エリカも名を連ねた。 その年に何らかの話題を振りまき、ネット検索されることが多かった俳優(男女混合)が分かる「2019年に最もグーグル検索された俳優」ランキング。全地域での総合ランキングで1位になったジェシーは、1月にヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害に遭ったと主張して話題になったが、自作自演だったことが発覚した。

 2位は9月に交通事故に遭った俳優のケヴィン・ハート。3位は10月に全米公開された映画『ジョーカー』の怪演が話題になった俳優のホアキン・フェニックス。4位は6月のRPG『サイバーパンク2077』出演発表、11月の新恋人の噂でネットを沸かせた俳優のキアヌ・リーヴスだった。

 ちなみに日本版の「話題の人(総合)」で沢尻は1位、新井は4位にランクインしている。

 「2019年に最もグーグル検索された俳優」全地域トップ10は以下の通り。

1位 ジャシー・スモレット
2位 ケヴィン・ハート
3位 ホアキン・フェニックス
4位 キアヌ・リーヴス
5位 ロリ・ロックリン
6位 ローレン・ロンドン
7位 ラミ・マレック
8位 沢尻エリカ
9位 ブリー・ラーソン
10位 新井浩文

クランクイン!

「グーグル」をもっと詳しく

「グーグル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ