Hey! Say! JUMPに「平成終わるが...」 「(その質問)200回目」「怖いですね」

12月29日(土)11時43分 J-CASTニュース

リハーサルで見せたパフォーマンス

写真を拡大

アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さんは、2018年12月29日に行った第69回NHK紅白歌合戦リハーサル後、平成が終わることに対して「怖いですね」と心境を述べた。

「平成」をもじったチーム名だけに、来年5月から元号が変わることを意識せざるを得ないようだ。



知念「(パフォーマンスは)昨日初めてやった」




Hey! Say! JUMPのメンバー・薮宏太さんは、「平成が終わりますが」と問われると「(その質問は)200回目です」と冗談とも本気ともとれる回答。同じくメンバーの中島裕翔さんは、



「僕ら前のグループ(期間限定ユニット・Hey!Say!7)で『昭和でShowは無理!』っていう歌を歌っていたので、次は自分たちがこう言われるんだと思うと、怖いですね」

と、かつて自身が所属していたHey!Say!7の楽曲「Hey! Say!」の歌詞に絡めて思いを述べた。



Hey! Say! JUMPは早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」とともに「Ultra Music Power 〜紅白スペシャルver.〜」を披露する。チアリーディングの動きを連想させる、アクロバティックなダンスが特徴的だ。知念侑李さんは自身のパフォーマンスについて、



「昨日(12月28日)初めてやった。成功するか失敗するか、(成功は)7割くらい」


と、やや自信なさげな様子。果たして本番で成功することができるのか。

J-CASTニュース

「Hey! Say! JUMP」をもっと詳しく

「Hey! Say! JUMP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ