指原莉乃、「ラスト紅白」で「記者いじり」 「熱心なファンみたいな...」

12月29日(土)17時35分 J-CASTニュース

AKB48はタイのBNK48とコラボして「恋するフォーチュンクッキー」を披露する。前列中央が指原莉乃さん

写真を拡大

2018年12月29日に東京・渋谷のNHKホールで始まった紅白歌合戦のリハーサルで、AKB48は「恋するフォーチュンクッキー」を披露した。

「恋チュン」のセンターポジションを務める指原莉乃さん(26)は12月15日、19年春に卒業することを発表したばかりで、今回が指原さんにとって「ラスト紅白」。指原さんは、卒業後は歌手活動は続けないことを表明しているが、記者からは司会者という形で紅白に復帰するアイデアも浮上。指原さんから「熱心なファンみたいな予想を...」と、いじられていた。




「品のあるMCになってから...」



指原さんは


「まだメンバーと一緒に楽しく話している感じです」

「他の番組で慌ただしく動く中で、『うわー、最後かー』と気づくかも知れません」

などと話し、まだ「ラスト紅白」の実感が薄い様子だ。



すでに指原さんは民放番組での司会経験が豊富で、このことが記者の「ファンみたいな予想」につながったとみられるが、指原さんは、紅白の女性司会者は女優出身者が多いことから、



「やっぱり自分みたいな品のないMCには当てはまらない感じがするので...。今はそういう予想が出たときに『あり得ないよ』という反響になると思うので、いつかは『ぴったりだね』と言ってもらえるような、品のあるMCになってから、そういう願望を語れれば。今はもう、下品すぎるので...」


と話し、「品」がネックになると考えている様子だ。「品のあるMC」になるまで何年かかるかについては、


「『品』ですよね...?大人になってからと言いたいところですが、もう、めちゃめちゃ大人なので、なるべく早くそうなれたら。でも、今は全然、夢のまた夢で、全然視野に入っていないです」

として、遠い未来のようだ。ただ、過去の紅白では、バラエティー番組で活躍する女性が司会者になったこともある。例えば上沼恵美子さん(63)が1994年と95年に司会を務めている。




「『目指せ上沼恵美子さん』とはタイトルにしないでほしいんですけど」




この点を記者から指摘されると、指原さんは


「そこまで行けたらもう...。スポーツ紙やネットニュースみたいですけど、『目指せ上沼恵美子さん』ってことになるんですかね。最近、そんなネットニュースも見るので...。そういう風になれたら。『目指せ上沼恵美子さん』とはタイトルにしないでほしいんですけど...。ごめんなさい。ごめんなさい」

と複雑そうだった。



「恋チュン」は日本では2015年に発売されたが、18年にタイで人気が爆発。そのため、今回の紅白では、タイ・バンコクを拠点にする姉妹グループのBNK48とコラボしてパフォーマンスする。



柏木由紀さん(27)は、


「あと何回、さっしーとフォーチュンクッキー歌えるか分からない」

と、しみじみと話していた。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ