小塚崇彦氏と大島由香里アナ離婚 原因は夜遊び、モラハラ、“羽生芸人”と女性をホテルに連れ込んだ夜

12月31日(火)16時6分 文春オンライン

 フィギュアスケーターの小塚崇彦氏(30)と、元フジテレビの大島由香里アナウンサー(35)が12月31日、それぞれのブログを通じて離婚したことを報告した。


 小塚氏は「婚姻解消にはいたりましたが、変わらず娘の成長を見守り、父としても努力を重ね、精進して参ります」、一方の大島アナは「度重なる話し合いの結果、それぞれの道を歩むことになりました」と綴っている。


 夜遊びを繰り返し、大島アナに“モラハラ”とも言える行為をしていた小塚氏の行状を報じた「週刊文春」2018年12月20日号の記事を編集の上、全文公開する。なお、記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のまま。



小塚氏と大島アナ


◆ ◆ ◆


 氷上の貴公子は、いつしか夜の遊蕩児に——。元フィギュア五輪選手とフジテレビの人気アナが氷も溶けるほどの熱愛の末に結婚したのは2016年。だが先日、2人に別居報道が。その背景には、子育てに苦労する妻を尻目に“酒と薔薇の日々”を過ごす夫の姿があった。


◆ ◆ ◆


 12月9日未明。スポーツ番組「S☆1」(TBS系)では、フィギュアスケートのGPファイナルで紀平梨花がSPで今季世界最高点を出した快挙と、宇野昌磨の銀メダル獲得を伝えていた。解説役は、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦。紀平の演技にコメントを求められると、「この先、羽生(結弦)選手のように素晴らしいアクセルが飛べるんじゃないかなあって思っています」と爽やかな笑顔で語った。


 放送終了後、タクシーに乗り込んだ小塚は、途中で「くまのプーさん」のキーホルダーを身に着けた男性をピックアップすると、首都高で一路、横浜へ。そこで週刊文春取材班は“フィギュア界の貴公子”と呼ばれた男の、もう一つの顔を目撃することになった——。



別居の原因は「多忙によるすれ違い」と報じられたが……


 小塚は2016年2月に、元フジテレビアナウンサーの大島由香里と結婚。しかし2018年12月3日、別居していることが報じられ、原因は「多忙によるすれ違い」だとしていた。


 だが大島の知人は、週刊文春に真相をこう語る。


「小塚さんは仕事がない日も家に帰らず、夜遊びを繰り返していたようです。そのことに悪びれることなく、家族をかえりみないモラルのなさに大島さんは呆れ果て、サジを投げてしまったのです」


 小塚の行状とはどのようなものだったのか。詳述する前に、2人の来歴を振り返っておこう。



バンクーバー五輪で運命の出会いを果たした2人


 名古屋出身の小塚は、祖父も両親もフィギュア選手という、フィギュアの名門一家に育った。


「祖父は旧満州のチャンピオンで、名古屋にスケート文化の礎を築いたパイオニア。父・嗣彦氏は全日本3連覇を果たし、グルノーブル五輪に出場。小塚はまさに“フィギュア界のサラブレッド”です。10年のバンクーバー五輪代表、11年の世界選手権銀メダリストという経歴を持ち、かつては世界一のスケーティング技術の持ち主と評されていた。浅田真央や髙橋大輔とともに、日本のフィギュア人気を支えてきた功労者です」(スポーツ紙記者)


 そんな小塚の姿に憧れていたファンの一人が大島だった。大島は07年にフジテレビに入社後、「ニュースJAPAN」のメインキャスターを務めるなど、一貫して報道畑を歩んだ。


「就職浪人してまで入社するほど根性があり、現場取材もこなせるアナウンサー。次世代の“報道のエース”として期待されていました」(フジテレビ局員)


 2人はバンクーバー五輪で運命の出会いを果たす。


「大島はフィギュアの大ファンで、特に小塚のスケートが好きでした。バンクーバー五輪でリポーターを務めたことで急接近。交際が始まりました」(同前)


 2人は15年7月に婚約し、16年2月に入籍。小塚は同年3月に現役を引退すると、所属先のトヨタ自動車でサラリーマンとして働き始める。


 2人はしばらく別居婚を続けたが、大島は17年4月に長女を出産し、同年末にフジテレビを退社。名古屋市内の小塚の実家近くのマンションを借りて、家族3人で暮らし始めた。


「大島さんは東京でのキャリアを捨て、縁のない名古屋の地に骨を埋める覚悟でした。娘に小塚が出ているアイスショーの映像を見せて、自分からスケートをやりたいと思わせる環境を作ろうと努力していた。育児の傍ら、夫へのファンレターにも返事を書いていましたね」(別の大島の知人)


小塚の生活が荒れたきっかけ


 だが、大島が“内助の功”を発揮する傍ら、小塚の生活は荒れる一方だった。きっかけは14年ソチ五輪の代表落選だったという。


「ソチ五輪の選考過程では、怪我に苦しむ中、最後のチャンスの全日本選手権で3位に食い込みました。しかし、代表には5位の髙橋が選ばれた。そこから彼の中で何かのタガが外れてしまったようです」(前出・スポーツ紙記者)


 フィギュア関係者は、小塚の変貌をこう惜しむ。


「彼はフィギュア界で純粋培養されて、社会経験が全くなかったんです。それがソチ五輪後、父親が紹介したダンサーに連れられ、『表現力を身に着けるため』という理由でクラブ通いを始めた。交友関係も変わり、同世代の競泳ロンドン五輪銅メダリストの立石諒と知り合って夜遊びを教えてもらい、酒と女に溺れるようになったのです」


 globeのマーク・パンサーとも親交が深く、SNS上ではクラブで夜通し遊んでいる様子が何度か投稿されている。



 大島も交際時から小塚の夜遊びは知っていたという。


「由香里はいつも不安そうで、過食気味の時期もありました。それでも『私は腹をくくったんです!』と、結婚に踏み切りました」(別のフジテレビ局員)


 大島の覚悟とは裏腹に、子供が生まれても小塚の生活は変わらなかったようだ。


「由香里が産後4カ月でゲッソリしている時に、名古屋のモデルとクルーズ船で乱痴気騒ぎしていたし、夜遊びして翌日の仕事をすっぽかすことも日常茶飯事でした」(同前)


 小塚は17年7月に「氷上復帰」を宣言し、アイスショーにも出場するようになった。さらに解説者としても活動し始めるが、羽生結弦に対して辛めのコメントをすることで知られる。


「平昌五輪で羽生が金メダルを獲得した際、『彼の作戦勝ちですね。難しいジャンプを抜いて点数を求めた。勝てるプログラムをやってきた』と語り、羽生ファンから大バッシングを受けました」(スポーツライター)



夜遊び以上に大島アナを苦しめた“モラハラ”


 止まらない夜遊び以上に大島を苦しめたのは、たび重なる小塚の“モラハラ”だったという。大島から相談を受けていた友人が憤る。


「由香里は小塚さんの経費の精算もしていました。カバンやポケットからグチャグチャになった領収書をかき集め、そのまま渡されるそうなのですが、10万円ちかいキャバクラの領収書やキャバ嬢の名刺が大量に出てくるんだそうです。中には『私を恵比寿に連れてって』という出会い系バーの領収書もあった。そうしたものを平気で渡してくる小塚さんの無神経さに、由香里は心を痛めていました」


 ある日の朝、朝帰りしてきた小塚がリビングのカーペットで寝転がっている横で、大島は生後6カ月の娘を座らせ、朝食の世話をしていた。その時、「私、名古屋で何やってんだろう……」という思いがふつふつと湧いてきたという。


「由香里は『本当にいいかげんにして欲しいし、なんで分かってくれないの』と苦言を呈したそうです。すると小塚さんは『ごめんなさい』と素直に謝るんですが、1週間も経たないうちにまた朝帰りが始まってしまうようです」(同前)


 そして別居を決定づけたのは、1枚の領収書だったという。


「今年7月上旬、名古屋のビジネスホテルの領収書が出てきて、宛名には女性の名前が書かれていたとか。由香里が『名古屋に住んでいるのに、なぜホテルに泊まったのか?』と問い詰めたところ、『記憶をなくしたので2軒目の店の人が取ってくれたんだと思う』と言われたそうです」(同前)


 裏切られ続けた大島は「誓約書」を作成した。


「内容は貞操義務を破った場合、慰謝料の支払いや離婚が成立するというもので、小塚さんにサインさせたようです。すると小塚さんも別の誓約書を提出してきて、そこにはお酒で失敗しないための防止策、仕事のプランなどが記され、スタートの遅い飲み会には行かない、1日2回の感謝、体重をキープする、などと書かれていたとか」(同前)


 だが、誓約は守られることはなく、10月に大島は娘を連れて家を出たのだった。


別居報道6日後、小塚の驚くべき行動


 小塚は本当に、心を入れ替えたのか——。別居報道が出てから6日後の12月9日、小塚は唖然とするような行動に出た。


 前述の通り、午前1時過ぎにスポーツ番組の生放送を終えた小塚。同日昼に練馬区の「としまえん」でスケートのイベントを控えているため直帰するかと思いきや、タクシーはぐんぐん南下し、途中で若い男性を拾う。彼は「羽生結弦ものまね芸人」の羽生ゆずれない(23)だった。



「ゆずれないは最近、小塚からフィギュアを習っているんです。彼のSNSにも小塚との写真がよく登場していますね」(芸能記者)


 さらに1時間走って辿り着いたのは、横浜中華街近くのクラブだった。洋楽が大音量で鳴り響く中、小塚は酒を口にし、ゆずれないはリズムを取り始めた。


 1時間後、2人は年配の男性に連れられビルの外に。そこに若い女性2人が合流する。一人は豹柄のレギンスをはき、もう一人はコートから生足をのぞかせる、レースクイーン風の美女だった。5人は近くの「ドン・キホーテ」へ入り、「どん兵衛」などのカップ麺やコーラ、酒を購入した。



その後タクシーは横浜のホテルへ


 その後、タクシーで向かった先は、横浜・みなとみらいにある「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」。2人の女性をロビー階に残したまま、小塚ら男3人は2階のフロントへ。ゆずれないは「今から来られる? タクシーでどのくらい?」と言って、誰かを呼ぼうとしていた。午前4時30分、5人はダブルベッドの部屋へと消えていった……。




小塚を直撃取材すると……


 同日午後2時、小塚は「としまえん」のスケートリンクに姿を見せた。この日はリンク開きのイベントで、小塚は子供たちの前でデモンストレーションを行う。そしていよいよ3回転ジャンプに挑むも、着地に失敗して転倒。観客からは「あーっ」とため息が漏れた。



 イベント終了後、小塚は品川駅前まで移動。記者が声をかけると、小塚は早口で話し始めた。


「スケートを楽しんでもらえるのがうれしいですね。たくさんの人にスケートを楽しんでもらえたらと思います」


——朝まで遊ばれていましたよね。


「いえいえいえ。そんなことないですよ」


 そう言い残して足早に立ち去った小塚だったが、同日夜に電話であらためて取材に応じた。横浜での行動は、レッドブル主催のスポーツイベント「クラッシュドアイス」の打ち合わせだったという。


「今回、レッドブルの方から羽生ゆずれない選手を連れて来てよと。こちらは番組が終わってからということで、じゃあ横浜に行きましょうと」



——同伴されていた女性はレッドブルの関係者?


「そうですね……ホテルに関しても、遅いから何部屋か取っていたみたいで、最終的に打ち合わせをするために部屋に入ったことは事実です。(女性)2人はレッドブルの中で働いている方のようですけども」


——朝4時頃、今後のことのお話をしていたと?


「はい、部屋に入って話をして。この日、僕は(イベントが)あるので。プロの自覚が欠如しているんじゃないか? って話ですけど、しっかり寝て。客観的にみれば、間違いなくそういう(不貞行為をした)ふうにとられてしまうシチュエーション。そんな時間に会うものではないというのを、もうちょっと考えれば良かったなと思っています」


——普段から朝までクラブに行かれている?


「それもあって、体重もけっこう増えて、健康的にも悪いということもあるし。今しっかりと体重を戻して、練習を優先して、プロ意識という部分では欠如していたというふうに思っていたので。今の家族との関係も意識して、自分がきっちりしないと。それで4時とか5時になってしまったのはアレなんですけども」



——名古屋など、奥様以外の女性関係はありますか?


「それは、関係はゼロでございます」


——キャバクラなど女性がいるお店に行かれて、領収書などを奥さんに渡したことはないですか?


「母ですね。会社として、母が領収書の精算をしてくれる。お母さん違いだと思います。そういったところに連れて行ってもらうこともあり、コミュニケーションのうちだと僕は思っている。僕自身も勘違いしていることがあって、そこで仕事がもらえるという風に思っていたこともあった。なので、そこはもっと深く考えないといけなかったのですけど、それも(大島と)考え方が違うんだなあと」


——ホテルの領収書の宛名が女性だったのはなぜ?


「それ……まあ……すいません今、隣に母がいるんですけど、見ていないから分からないと言っています」


小塚の父「(夜遊びは)そんなことどうでもいいんですよ」


 小塚の父、嗣彦氏にも話を聞いた。


「私は別居の原因は、東京の保育園に通わせたいからだと聞いていた。小さな子供がいるんだから、世間一般、常識として(離婚は)通らない。私のまわりではそういうことがないから。(小塚の夜遊びは)そんなことどうでもいいんですよ、私に言わせれば。どっちにつくっていう問題じゃなくて、小塚崇彦と小塚由香里の子供ですよ。だから、子供にとってそれが一番幸せじゃないでしょうか」



 前出の大島の友人は、こう嘆息する。


「由香里は自分の気持ちを理解されることなく、夜遊びを続ける小塚さんの態度、当たり前に子供は小塚家のものだと思っている態度に呆れ果てている。『もう娘をスケートに触れさせたくない』と。小塚家との溝は深まるばかりで、離婚も決意しているようです」


 大島本人に小塚のモラハラについて電話で直撃すると、少し間があった後、「娘とがんばって生きていきます」と答えるのみだった。


 かつては愛し合ったが、今は失意の涙にくれる妻。小塚は大島の“キス・アンド・クライ”の日々を、どう思っているのだろうか。



(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月20日号)

文春オンライン

「小塚崇彦」をもっと詳しく

「小塚崇彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ