韓国の原因不明肺炎の患者、中国の肺炎とは無関係—韓国メディア

1月12日(日)10時20分 Record China

11日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の原因不明肺炎の患者は、中国の肺炎とは無関係であることが分かった。写真は中国・武漢の華南海産物卸売市場。患者の多くが同市場の関係者。

写真を拡大

2020年1月11日、韓国・聯合ニュースの中国語版サイトによると、中国湖北省武漢市で最近流行している原因不明のウイルス性肺炎と似た症状を見せる患者が韓国で初めて確認されたことについて、韓国疾病管理本部は11日、患者に「汎コロナウイルス(Pan-Coronavirus)」検査を実施した結果、武漢での肺炎の原因病原体である「新型コロナウイルス」の感染とは関連がないことが確認されたと明らかにした。

患者は中国国籍の36歳の女性で、昨年12月に仕事で武漢市を訪れていた。今回の検査結果を受け、主治医は専門家の議論を通じて患者を退院させるとともに、患者と接触した人への監視を終了することを決定したという。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ