日本で女性専用車両に女性客から不満の声—中国メディア

1月13日(月)7時20分 Record China

11日、頭条新聞は、日本で女性専用車両に対して女性客から不満の声が出ていると伝えた。写真は広州地下鉄の女性専用車両。

写真を拡大

2020年1月11日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント、頭条新聞は、日本メディアの報道を引用し、日本で女性専用車両に対して女性客から不満の声が出ていると伝えた。

記事は、FNNニュースが9日に放送した女性専用車両に関する番組を紹介。日本では女性専用車両が導入されてから約20年になるが、少なくない数の女性から不満の声が出ていると伝えた。

不満の理由には、車内の香水の香りが強すぎることや、女性同士の争いなどがあると紹介。女性専用車両が導入された当初の目的は、痴漢防止であったことも伝えた。

これについて、ウェイボーユーザーからは「今の人は初心を忘れているのだろう」「たとえ毎日車両内で女の闘いが演じられ、香水の香りが充満していても、痴漢に遭うよりはましなのではないか」などのコメントが寄せられていた。

また、「他はどうだか知らないが、広州地下鉄の女性専用車両はただの飾りになっている」「いろいろなニーズがあるからね。いずれにしてもすでにあるのだから、乗りたければ乗ればいいし、乗りたくなければ乗らなければいいだけ。選択肢があるのは良いことだ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

Record China

「女性専用車両」をもっと詳しく

「女性専用車両」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ