ユース五輪会場でボランティア=被災地中高生、スイスで交流

1月14日(火)7時53分 時事通信

 【ローザンヌ(スイス)時事】東日本大震災で被災した東北3県の中高生が13日、訪問先のスイスのローザンヌの冬季ユース五輪会場で、ボランティア体験を行った。
 ユース五輪は、15〜18歳までの若手選手を対象とした大会で、中高生はフィギュアスケート会場の観客誘導などを担当した。福島県立磐城高校の吉田柚葉さん(17)は「外国人と交流して刺激をもらった」とやや緊張した様子。東京五輪では野球・ソフトボールが福島県で開催されることから「福島の安全性や魅力を海外にも伝えていければ」と意気込んだ。
 東北インターナショナルスクール2年の相沢伊吹さん(17)は「次々に人が訪れ対応に苦労した。裏方の大変さを知る良いきっかけになった」と話した。
 今回の訪問は、震災復興の担い手育成を目的としたプロジェクト「サポートアワーキッズ」の活動の一環で、福島、宮城、岩手各県から6人が参加した。約2週間スイスに滞在し、ホームステイや被災地の現状を伝えるスピーチを行う予定。 

[時事通信社]

時事通信

「ユース五輪」をもっと詳しく

「ユース五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ