BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

慰安婦像問題も影響なし!?韓国人の旧正月旅行、一番人気は日本=韓国ネット「日本人客は減ったのに…」「少女像を守る人たちとは別の国の人?」

Record China1月14日(土)12時10分
画像:13日、韓国メディアによると、今月27日から始まる韓国の旧正月連休期間、一番人気の旅先が日本であることが分かった。写真は日本を旅行する外国人客。
写真を拡大
13日、韓国メディアによると、今月27日から始まる韓国の旧正月連休期間、一番人気の旅先が日本であることが分かった。写真は日本を旅行する外国人客。
2017年1月13日、韓国・毎日経済などによると、今月27日から始まる韓国の旧正月連休期間、一番人気の旅先が日本であることが分かった。

韓国のLCC(格安航空会社)チェジュ航空が、韓国と中国・日本・東南アジアなどの主要20都市とを結ぶ自社便予約率を分析した結果、今年の連休(1月27〜30日)を含む26〜31日の期間では日本便が予約率94%で最も高かった。特に、大阪・名古屋便は予約率が95%を超えこれからの座席確保が難しい状況だという。同社はこのほど中国政府から不定期便の運航許可を得られなかったことから、代替として日本便を増やすなどの対応を取っている。

また旅行大手のハナツアーによると、今月26〜28日出発の海外パッケージツアーでは、4日間と短い連休期間も影響し近場の旅先が圧倒的な人気だそう。特に、寒い韓国を離れ日本の温泉や暖かい東南アジアを目指す人が多いようだ。ネット旅行販売のインターパークツアーでも日本や東南アジアの予約率が高い。12日現在での同サイトの航空券発券数は、大阪・福岡と日本の都市がトップ2を占め、以下バンコク(タイ)、台北(台湾)、東京の順だった。

明らかになった日本人気に、韓国のネットユーザーからは「あれほど日本の悪口を言ってた人たちはどこへ?」「慰安婦少女像を守る人たちとは別の国の人間かと思うね」「韓国人は少女像にマフラーを巻いてあげながら、休みになると日本で金を使うのに忙しい。反対に、明洞(外国人観光客の多いソウルの繁華街)だけでも日本人観光客はかなり減ったね」「こんな状況でも日本に行きたがるから日本に無視されるんだよ」「嫌韓をされようが、慰安婦問題で摩擦が起きようが、旅行には絶対に行くんだね」と、自虐めいた声が上がっている。

また記事には「また外国でたくさん使って国内では金を使わないという悪循環が繰り返される」「国内旅行に行きたくてもコスパが悪過ぎてとても行けない」と国内旅行にまつわる不満や懸念を訴える声や、「そうさ、僕は自分勝手だ。日本は嫌いだが、それでも日本に行く理由は近くて安いからだ」として韓国の観光業の問題点を指摘するコメントも寄せられ、多数の共感を得ている。(翻訳・編集/吉金)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「慰安婦像問題も影響なし!?韓国人の旧正月旅行、一番人気は日本=韓国ネット「日本人客は減ったのに…」「少女像を守る人たちとは別の国の人?」」の関連ニュース

注目ニュース
わずか4分「遅れたから診察しない」医師の診察拒否で5歳女児が死亡(英) Techinsight2月28日(火)22時0分
医師という仕事を何だと思っているのか…そんなニュースがイギリスから伝えられた。2015年1月、英サウス・ウェールズのニューポートで喘息の持…[ 記事全文 ]
米、北朝鮮の「テロ支援国家」再指定を検討 TBS2月28日(火)19時38分
金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺はVXという化学兵器が使われたわけですが、こうした問題を受けて、アメリカ政府が北朝鮮を「テロ支援国家」に…[ 記事全文 ]
整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!? Techinsight2月27日(月)12時50分
2月末、バービー人形の恋人である“ケン”を目指して美容整形に命を懸けるロドリゴ・アルベスさん(33)が51回目の手術を終えた。[ 記事全文 ]
オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか ニューズウィーク日本版2月28日(火)15時40分
<アカデミー賞授賞式で、作品賞受賞作が一旦『ラ・ラ・ランド』と発表されてから『ムーンライト』に訂正される前代未聞の事態が発生。[ 記事全文 ]
もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しない JBpress2月28日(火)6時14分
韓国・釜山の日本領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像(2017年1月2日撮影)。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国Record China2月27日(月)17時0分
2 特別検、朴大統領の収賄容疑認定 親友・崔被告との共謀明記共同通信 47NEWS2月28日(火)15時4分
3 米国で深刻な病が蔓延中、特効薬なく症状は4年もJBpress2月28日(火)6時12分
4 オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったかニューズウィーク日本版2月28日(火)15時40分
5 もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しないJBpress2月28日(火)6時14分
6 金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上NEWSポストセブン2月28日(火)7時0分
7 乳児が母の乳がんを察知 母乳を突然飲むのをやめた息子に命を救われた母(英)Techinsight2月28日(火)8時1分
8 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
9 バングラ邦人射殺で5人死刑判決 IS支部名乗る地元過激派組織共同通信 47NEWS2月28日(火)17時8分
10 整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!?Techinsight2月27日(月)12時50分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア