BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

トランプ氏の不透明さ、アフリカで中国人のイメージアップにつながるか—米紙

Record China1月14日(土)7時40分
画像:12日、米紙ハフィントンポストは、トランプ次期米大統領の政権運営に対する不透明さが「アフリカにおける中国のイメージアップにつながる可能性がある」と伝えた。資料写真。
写真を拡大
12日、米紙ハフィントンポストは、トランプ次期米大統領の政権運営に対する不透明さが「アフリカにおける中国のイメージアップにつながる可能性がある」と伝えた。資料写真。
2017年1月12日、米紙ハフィントンポストは、トランプ次期米大統領の政権運営に対する不透明さが「アフリカにおける中国のイメージアップにつながる可能性がある」と伝えた。環球時報(電子版)が報じた。

トランプ政権の誕生を控え、世界政治は新たな「不確定性」の時代に入った。特にアフリカをめぐる外交政策について、トランプ氏はまだ何も表明していない。同氏の挑戦的な姿勢は予測がつかず、アフリカ諸国の間にも「米国が今後どんな外交政策を展開してくるか予想がつかない」と戸惑いが広がっている。

一方、中国は着実にアフリカとの関係を強化してきた。大規模な経済構想「一帯一路」に基づき、貿易戦略の一部としてアフリカへの投資を継続している。トランプ大統領の誕生は、もしかしたらアフリカで活動する中国人には贈り物になるかもしれない。同氏が進める貿易保護主義、不確定な経済政策は、着実な中国人のイメージをさらに引き上げる可能性があるのだ。(翻訳・編集/大宮)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「アフリカ」「トランプ」「トランプ氏」「米紙」の関連トピックス

「トランプ氏の不透明さ、アフリカで中国人のイメージアップにつながるか―米紙」の関連ニュース

注目ニュース
中国初の国産空母、進水へ…艦名は「山東」か 読売新聞4月23日(日)22時21分
【大連(中国遼寧省)=中川孝之】中国軍が遼寧省大連の造船所で建造している初の国産空母が、進水に向けた作業に入った模様だ。中国海軍創立68年にあたる23日は早朝から、灰色に塗装された船体の甲板上で多くの作業員らが確認され、一部の中国メディアはドックで注水が始まったと伝えている。[ 記事全文 ]
お茶の起源は中国なのに! なぜ茶道となると日本を連想するのか=中国 サーチナ4月23日(日)9時12分
「道」という言葉には、人や車などが往来するために整備された所という意味のほかに、芸術・技芸などのそれぞれの分野、また、その精神真髄という意…[ 記事全文 ]
日韓国交断絶によって生じる日本側のメリットとは NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
毎度、国家間の約束事を反故にする韓国は、いま慰安婦に関する日韓合意すらもなかったことにしようとしている。[ 記事全文 ]
北朝鮮の特殊部隊 日本にとっては弾道ミサイルよりも脅威 NEWSポストセブン4月23日(日)7時0分
北朝鮮を巡る緊張が日増しに高まっている。もしアメリカとの武力衝突が起これば、その影響が日本に及ぶ可能性も十分にある。[ 記事全文 ]
両親ショック 手足を切断され物乞いする女性は15年前に失踪したわが子か(中国) Techinsight4月20日(木)5時30分
人々の慈悲の心を頼りに、身体の障がいをむしろ売りにするパフォーマンスで物乞いをする者の姿がたびたび目に留まる中国。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア