トランプ氏の不透明さ、アフリカで中国人のイメージアップにつながるか—米紙

1月14日(土)7時40分 Record China

12日、米紙ハフィントンポストは、トランプ次期米大統領の政権運営に対する不透明さが「アフリカにおける中国のイメージアップにつながる可能性がある」と伝えた。資料写真。

写真を拡大

2017年1月12日、米紙ハフィントンポストは、トランプ次期米大統領の政権運営に対する不透明さが「アフリカにおける中国のイメージアップにつながる可能性がある」と伝えた。環球時報(電子版)が報じた。

トランプ政権の誕生を控え、世界政治は新たな「不確定性」の時代に入った。特にアフリカをめぐる外交政策について、トランプ氏はまだ何も表明していない。同氏の挑戦的な姿勢は予測がつかず、アフリカ諸国の間にも「米国が今後どんな外交政策を展開してくるか予想がつかない」と戸惑いが広がっている。

一方、中国は着実にアフリカとの関係を強化してきた。大規模な経済構想「一帯一路」に基づき、貿易戦略の一部としてアフリカへの投資を継続している。トランプ大統領の誕生は、もしかしたらアフリカで活動する中国人には贈り物になるかもしれない。同氏が進める貿易保護主義、不確定な経済政策は、着実な中国人のイメージをさらに引き上げる可能性があるのだ。(翻訳・編集/大宮)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ