BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

習近平総書記、今年も「反腐敗」の取り組み強化、新たに「国家監察委員会」設置へ、今秋の共産党大会控え権力の一極集中さらに—中国

Record China1月14日(土)7時0分
画像:中国共産党の習近平総書記が「反腐敗」の取り組みを加速している。新たにすべての公務員の腐敗行為を取り締まる「国家監察委員会」も設置する方針。5年に一度の党大会を今秋に控え、習総書記への権力集中が一層強まりそうだ。写真は中国政治の中枢・中南海。
写真を拡大
中国共産党の習近平総書記が「反腐敗」の取り組みを加速している。新たにすべての公務員の腐敗行為を取り締まる「国家監察委員会」も設置する方針。5年に一度の党大会を今秋に控え、習総書記への権力集中が一層強まりそうだ。写真は中国政治の中枢・中南海。
2017年1月13日、今年秋の中国共産党大会で2期目を目指す習近平総書記(国家主席)は、「反腐敗」の取り組みを一段と強化している。すべての公務員の腐敗行為を取り締まる新たな機関「国家監察委員会」も設置する方針。5年に一度の党大会を控え、習総書記への権力集中が一層強まりそうだ。

1月1日、習総書記は国営中央テレビ(CCTV)などを通じて、新年のあいさつを発表。この中で「われわれはまた全面的な党内管理の厳格化を積極的に推進し、断固として党内のトラとハエを排除し、政治的生態の清浄化に努め、これにより、党内環境、政治環境と社会の気風が一段と向上してきた」」などと「反腐敗」の成果を誇示した。

6日から8日までは党中央紀律検査委員会の全体会議を開催。党中央規律委には最高指導部の政治局常務委員7人が全員出席した。習総書記は重要講話で「聖域なき反腐敗(闘争)の堅持」を強調し、王岐山中央規律委書記は「揺らぐことなく全面的な厳しい党管理を進め、優れた業績で党大会を迎えなければならない」と訴えた。

8日に発表された党中央規律委のコミュニケでは今年の重要任務として、「党や国家の自らへの監視を強化する」ことを挙げ、「国家監察委員会」の設置に向けて準備を進める方針を確認した。国家監察委は、すべての公務員に対する監視や摘発をさらに強化するため、政府内の多くの組織に分散している汚職摘発部門を統合し、権限の集中を図る組織とされ、北京市、山西省、浙江省で試験的に導入されている。

中国メディアが伝えた党中央規律委の報告によると、昨年に全国の規律検査・監察機関が調査した事案は41万3000件。処分者は41万5000人で、省トップや閣僚などの「省部級」は76人に上った。国営新華社通信は4日、重大な規律違反の疑いで昨年9月に天津市の事実上のトップである党委代理書記と市長を解任された黄興国氏が党籍剥奪となった上、司法機関に送致された、と報じた。黄氏は習総書記の浙江省党委書記時代の部下で、習氏の反腐敗キャンペーンで初めて失脚した習氏側近として注目を集めていた。

摘発のターゲットとなるのは、党中央規律委も同様。CCTVは3日から同委が制作した番組「打鉄還需自身硬」(人を律するには自らを律しなければならないという意味)の放映を始めた。番組では元重慶市党委書記の薄熙来氏(収賄罪などで無期懲役刑)の事件などを担当したこともある同委元幹部が、四川省の商業プロジェクトに参入したい企業家から依頼を受け、同省党委副書記に便宜を図るよう依頼。企業家から1000万元(約1億7000万円)を超える金銭を受け取ったことなどを暴露している。

しかし、中国で汚職などの不正行為が絶えないのは、経済が大きく発展する一方で、共産党に権力が集中する政治体制と表裏一体の関係にある。不正に対する国民の不満が高まれば、党の屋台骨を揺るがす事態にも発展しかねない。「反腐敗」は、「一党独裁」が抱える大きな課題でもある。(編集/日向)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「習近平総書記、今年も「反腐敗」の取り組み強化、新たに「国家監察委員会」設置へ、今秋の共産党大会控え権力の一極集中さらに―中国」の関連ニュース

注目ニュース
朴大統領は「収賄容疑者」 サムスントップを起訴へ 共同通信 47NEWS2月28日(火)15時4分
【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領を巡る疑惑を調べる特別検察官の捜査チームは28日、朴氏を、親友の崔順実被告と共謀しサムスングループから多額…[ 記事全文 ]
オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか ニューズウィーク日本版2月28日(火)15時40分
<アカデミー賞授賞式で、作品賞受賞作が一旦『ラ・ラ・ランド』と発表されてから『ムーンライト』に訂正される前代未聞の事態が発生。[ 記事全文 ]
もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しない JBpress2月28日(火)6時14分
韓国・釜山の日本領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像(2017年1月2日撮影)。[ 記事全文 ]
済州島で2割減・・・韓国からどんどん日本へ流れる中国人観光客=中国メディア サーチナ2月28日(火)15時12分
中国メディア・第一財経は26日、今年の春節期間に韓国を訪れた中国人観光客が昨年までに比べて大きく減少し、免税店が苦境に立たされていると報じ…[ 記事全文 ]
韓国経済が抱えるリスク、韓国に潜んでいる数々の危険=中国報道 サーチナ2月28日(火)13時12分
「尾大不掉(ひだいふとう)」ということわざがある。尻尾が大きすぎるとうまく動かせないという意味だ。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国Record China2月27日(月)17時0分
2 金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自NEWSポストセブン2月27日(月)7時0分
3 入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相時事通信2月27日(月)10時31分
4 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
5 日本人が明かした「日本でのNG行動」に韓国ネットの反応さまざま=「これくらい大目に見ようよ」「韓国でも嫌がられる」Record China2月27日(月)10時30分
6 米国で深刻な病が蔓延中、特効薬なく症状は4年もJBpress2月28日(火)6時12分
7 金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上NEWSポストセブン2月28日(火)7時0分
8 乳児が母の乳がんを察知 母乳を突然飲むのをやめた息子に命を救われた母(英)Techinsight2月28日(火)8時1分
9 整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!?Techinsight2月27日(月)12時50分
10 もう相手にするな 慰安婦問題は永遠に解決しないJBpress2月28日(火)6時14分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア