ジャッキー・チェン最新作「カンフーヨガ」、多国籍すぎる撮影現場は「まるで五輪選手村」—台湾メディア

1月14日(土)10時50分 Record China

13日、間もなく公開されるジャッキー・チェン最新主演作「功夫瑜伽」(カンフーヨガ)の撮影現場は、各国からキャストとスタッフが集まり、まるでオリンピックの選手村のようだった。

写真を拡大

2017年1月13日、間もなく公開されるジャッキー・チェン(成龍)最新主演作「功夫瑜伽」(カンフーヨガ)の撮影現場は、各国からキャストとスタッフが集まり、まるでオリンピックの選手村のようだった。中国時報が伝えた。

台湾で今月26日から、中国では28日から公開される「功夫瑜伽」は、初めての中国&インド合作映画。「レッド・ブロンクス」や「ポリス・ストーリー3」など、数々のヒット作を生み出してきたスタンリー・トン(唐季礼)監督とジャッキー・チェンが再びタッグを組み、新たなメガヒットを狙う話題作だ。

中国とインドだけでなく、ドバイやアイスランドなど世界各地でロケが行われたこの作品。それだけにキャストもスタッフも、驚くほどの多国籍メンバーだった。現場で主に使用されたのは英語と中国語だが、この他にも広東語や韓国語、フランス語、イタリア語、ヒンディー語、アラビア語などが飛び交うにぎやかさ。まるでオリンピックの選手村に来たかのようだったという。

映画でジャッキーが演じるのは、古代インドにあったという王国の、神秘的なお宝を探す考古学者。助手と親友の息子を道連れに旅に出て、お宝を狙う別の一派と戦いを繰り広げる。ジャッキーの助手役を韓流人気グループEXOの華人メンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)が、親友の息子役を俳優アーリフ・リー(李治廷)が演じている。(翻訳・編集/Mathilda)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

台湾をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ