BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

「2016駄作ランキング」1位はジェット・リー出演「封神伝奇」、ホアン・シャオミンとアンジェラベイビーが夫婦そろって「最低」に—中国

Record China1月14日(土)19時20分
画像:13日、ニュースサイト・捜狐(SOHU)のユーザーと映画評論家が選んだ、2016年度の「駄作映画」および「最低俳優」「最低女優」ランキングが発表された。
写真を拡大
13日、ニュースサイト・捜狐(SOHU)のユーザーと映画評論家が選んだ、2016年度の「駄作映画」および「最低俳優」「最低女優」ランキングが発表された。
2017年1月13日、ニュースサイト・捜狐(SOHU)のユーザーと映画評論家が選んだ、2016年度の「駄作映画」および「最低俳優」「最低女優」ランキングが発表された。

毎年恒例となったこのランキングだが、今年は約25万人のネットユーザーが投票に参加している。集計の結果、「駄作映画」ランキングで1位に選ばれたのは、7月に公開されたファンタジー時代劇「封神伝奇」だった。ファン・ビンビン(范冰冰)やアンジェラベイビー(楊穎)など人気スターをそろえ、近年は出演作が少ないアクションスターのジェット・リー(李連杰)も参加した話題作だったが、公開当時は「脱力するほどの駄作」とネットユーザーから酷評が相次いだ。

「最低俳優」に選ばれたのは、得票率47.2%と、非常に高い「支持」を集めてしまった中国の俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)。「最低女優」はモデルで女優のアンジェラベイビー(楊穎)で、得票率は37.1%に。ホアン・シャオミンとアンジェラベイビーは、夫婦そろって「最低」のレッテルを貼られるという不名誉な結果になった。

同時に発表された「秀作映画」ランキングで第1位に輝いたのは、9月公開の「七月與安生」だった。ダブル主演した女優のチョウ・ドンユィ(周冬雨)とマー・スーチュン(馬思純)は、台湾版アカデミー賞・金馬奨で最優秀主演女優賞を受賞。2人同時の受賞は、金馬奨が始まって以来初の快挙となっている。(翻訳・編集/Mathilda)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「2016駄作ランキング」1位はジェット・リー出演「封神伝奇」、ホアン・シャオミンとアンジェラベイビーが夫婦そろって「最低」に―中国」の関連ニュース

注目ニュース
正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る—英紙 時事通信2月20日(月)8時30分
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日、正男氏の息子ハンソル氏(21)が…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
中国車が排斥されそう・・・ロシアで中国車に「パクリ」と批判=中国報道 サーチナ2月20日(月)7時12分
中国国内で日系車はしばしば排斥や不買のやり玉に挙げられるが、それでも品質や信頼性、燃費性能の高さを背景に好調な販売を続けている。[ 記事全文 ]
金正男氏殺害事件、北朝鮮籍の男4人を国際手配 TBS2月20日(月)1時27分
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシアの警察本部は、これまでに逮捕され…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア