BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

韓国の電池産業が迎える「冬」、中国電池産業が迎える「春」=中国報道

サーチナ1月14日(土)12時12分
画像:パソコンやスマートフォン、ハイブリッド車や電気自動車(EV)といった製品に共通するのは、充電して繰り返し使える「二次電池」を搭載しているという点だ。これらの製品の市場拡大はすなわち、リチウムイオン電池を中心としたバッテリー市場の拡大に直結する。(イメージ写真提供:123RF)
写真を拡大
パソコンやスマートフォン、ハイブリッド車や電気自動車(EV)といった製品に共通するのは、充電して繰り返し使える「二次電池」を搭載しているという点だ。これらの製品の市場拡大はすなわち、リチウムイオン電池を中心としたバッテリー市場の拡大に直結する。(イメージ写真提供:123RF)
 パソコンやスマートフォン、ハイブリッド車や電気自動車(EV)といった製品に共通するのは、充電して繰り返し使える「二次電池」を搭載しているという点だ。これらの製品の市場拡大はすなわち、リチウムイオン電池を中心としたバッテリー市場の拡大に直結する。

 近年、中国のリチウムイオン電池産業が急激に力をつけ、先行してきた日本や韓国を追い上げている。中国メディアの捜狐は12日、韓国の電池産業が「厳冬」を迎える一方、中国電池産業が「春を迎えつつある」と伝える記事を掲載した。

 記事は、中国政府が2016年、国内の電池産業を対象として発表した補助金に関する政策と認証基準に関する強化策を発表し、同政策によって今後補助金を受けられるのは事実上、中国メーカーだけに限定される可能性が高いと紹介。

 この政策は外資の電池メーカーに大きな衝撃を与えたと伝え、韓国の一部企業は中国への工場建設計画を凍結すると発表したほどだと紹介したほか、サムスンSDIやLG化学といったメーカーも基準を満たせなければ補助金を受けられないことになると指摘。補助金の有無によって製品の価格競争力が大きく変動し、中国メーカーの価格競争力が高まることになることを伝えた。

 続けて、中国の電池産業が近年著しい成長を遂げていることを伝え、15年における世界の車載用リチウムイオン電池市場の出荷シェアトップはパナソニックだったとしながらも、2位に中国の比亜迪(BYD)が食い込んだと紹介。中国メーカーはもはや技術的に日韓企業に劣らないと主張し、スマホのバッテリー爆発事故が起きた韓国メーカーと対照的に、中国メーカーはこれからさらなる成長を遂げるはずと期待を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「韓国の電池産業が迎える「冬」、中国電池産業が迎える「春」=中国報道」の関連ニュース

注目ニュース
大前氏 日本は中国に反日番組やめさせること要求せよ NEWSポストセブン2月18日(土)16時0分
ドナルド・トランプ米大統領の私邸に泊まって一緒にゴルフを楽しむなど、安倍晋三首相は華々しい外交戦略を打ち出して世界に存在感を示そうとしてい…[ 記事全文 ]
韓国に過去最悪の就職氷河期到来、「日本との比較で一層悲惨」と韓国紙 Record China2月19日(日)9時10分
2017年2月18日、韓国の若者が過去最悪の「就職氷河期」に直面している。企業の多くが内外の不透明感から大卒者の採用規模を縮小しているため…[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
「妻と娘を殺ってくれ」殺し屋へのメッセージを元上司に誤送信した男(米) Techinsight2月19日(日)17時30分
妻と娘が邪魔になってしまった男は、2人をこの世から消し去ることを思いついた。そこで殺し屋に2人の殺人依頼をしたのだが、男のミスでそのメッセ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア