BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

日本のライトノベルのタイトルが長すぎ! 翻訳者が怒り出すレベル=中国メディア

サーチナ1月14日(土)16時12分
画像:近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。(イメージ写真提供:123RF)
写真を拡大
近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。(イメージ写真提供:123RF)
 近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。

 中国メディア・今日頭条は12日、「ライトノベルのタイトルをもっと長くする気じゃないだろうな、と翻訳者が怒っている」とする記事を掲載した。

 記事は日本のライトノベルについて「若者をメイン読者とした、新しいエンターテインメント性のある文学作品」と紹介。かつて、そのタイトルはシンプルで覚えやすいものが主体だったが、「最近のライトノベルのタイトルは逆にどんどん長くなっており、もはや天に達するのではないかという勢いだ。翻訳者のプレッシャーも山の如く大きくなっている」とした。

 そして、このほど電撃文庫のサイトに「縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春(ファッション)をコーディネートすることに。」という69文字(スペース含まず)のタイトルを持つライトノベル書籍の新刊情報が出現したことを紹介。「一体どうやって表紙にこのタイトルを押し込むのか。そして書店のデータベースに登録できるのか」と疑問を呈している。

 記事はこのほか、長いタイトルのライトノベル作品として「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」、「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました」、「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を締められている。」などを挙げた。そして、それまで短めなタイトルが多かった流れを変えた分水嶺的な作品が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」であると伝えた。

 ネットユーザーからは、「長くないと見る人がいない。それだけ競争が激しいということだ」、「大切なのは作風」といった感想のほか、「どんなに長くなっても、みんなが略称を付けてくれるから」との声もあった。

 「タイトルはシンプルで分かりやすいもの」という従来の常識はもはや通用しないのかもしれない。もっとも、ドラマや映画、楽曲では以前からしばしば長いタイトルの作品があった。特に楽曲では、B’zが1993年に発表したシングル「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」はその走りと言える。ともあれ、大切なのは中身だ。どんなにパッケージで話題や注目を集めても、内容が薄ければあっという間に人は離れていく。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
Copyright (C) Morningstar Japan K.K. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「タイトル」「ライトノベル」「中国」「日本」の関連トピックス

「日本のライトノベルのタイトルが長すぎ! 翻訳者が怒り出すレベル=中国メディア」の関連ニュース

注目ニュース
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
大前氏 日本は中国に反日番組やめさせること要求せよ NEWSポストセブン2月18日(土)16時0分
ドナルド・トランプ米大統領の私邸に泊まって一緒にゴルフを楽しむなど、安倍晋三首相は華々しい外交戦略を打ち出して世界に存在感を示そうとしてい…[ 記事全文 ]
韓国に過去最悪の就職氷河期到来、「日本との比較で一層悲惨」と韓国紙 Record China2月19日(日)9時10分
2017年2月18日、韓国の若者が過去最悪の「就職氷河期」に直面している。企業の多くが内外の不透明感から大卒者の採用規模を縮小しているため…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
「妻と娘を殺ってくれ」殺し屋へのメッセージを元上司に誤送信した男(米) Techinsight2月19日(日)17時30分
妻と娘が邪魔になってしまった男は、2人をこの世から消し去ることを思いついた。そこで殺し屋に2人の殺人依頼をしたのだが、男のミスでそのメッセ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア