BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト
国際

「アドルフ・ヒトラーの魂が宿った子」28歳母親、3歳息子を刺殺(米)

Techinsight1月14日(土)22時30分
画像:母親、3歳わが子の腹を刺し遺体を沼地に遺棄(出典:http://www.ndtv.com)
写真を拡大
母親、3歳わが子の腹を刺し遺体を沼地に遺棄(出典:http://www.ndtv.com)
3歳のわが子の腹を刺し、殺害した28歳の母親。動機について「アドルフ・ヒトラーに似ているから」などと語っていたことが分かった。フロリダ州ベイ郡の人々を震撼させたこの痛ましい殺人事件。いよいよ注目の裁判がスタートする。

『washingtonpost.com』などが伝えているところによれば、自身の息子を殺したとして逮捕・起訴されていたのはエジプト・ロビンソン(28)。エジプトは2015年12月26日、パナマシティの自宅で息子の腹部を刺し、コンクリート片を喉の中に押しこんで殺し、遺体をスーツケースの中に詰めると自宅の裏手の沼地に遺棄した疑いがもたれている。

裁判所に提出された宣誓供述書によれば、通報者は自宅をシェアしていた男性であった。犯行当日の夜遅くに帰宅したところエジプトから「息子が行方不明」と聞かされたが、彼女の体に血が付いていたこと、沼地をじっと見つめていること、そして3日後に彼女が突然町を去ってしまったことに良からぬ疑惑を抱いた。沼地に出かけてみると男児が着ていた衣服、靴、おむつの入ったビニール袋、そして遺体の詰まったスーツケースを発見したという。

わが子を殺害した動機について厳しい取り調べが行われていた中、検察側は先月、女性殺害事件を起こしてエジプトより先にベイ郡拘置所に身柄を拘束されていた、ティファニー・パウエルという女の受刑者から興味深い情報を得たもようだ。ティファニーと同じ監房で過ごす中、エジプトは涙ひとつこぼすことなくこう打ち明けたという。

「私は自分の息子を殺したの。あの子はヒトラーと誕生日が一緒で、“殺してやるぞ”が口癖だった。きっとヒトラーの魂が宿っているのよ。死んで当然だと思ったから殺したわ。」

さらにティファニーはエジプトという人物について、「彼女は病気、完全に病気です。ナイフを手にすると自制心がなくなり、“血の儀式”を行うべく強い欲求と衝動にかられるというのです」と話したという。エジプトの次の出廷は2月に予定されている。現在フロリダ州では州法7101号(House Bill 7101)により、12人の陪審員のうち少なくとも10人が執行を求めなければ死刑は適用されない。しかし、このエジプト被告には死刑が下るのではないかと世間も注目しているようだ。

出典:http://www.ndtv.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

関連ワード

「「アドルフ・ヒトラーの魂が宿った子」28歳母親、3歳息子を刺殺(米)」の関連ニュース

注目ニュース
金正男氏殺害に深い闇=容疑者「冤罪だ」—検視嫌がる北朝鮮 時事通信2月20日(月)16時0分
【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正男氏殺害事件は20日、発生から1週間を迎えた。[ 記事全文 ]
金正男殺害を中国はどう受け止めたか——中国政府関係者を直撃取材 ニューズウィーク日本版2月20日(月)7時36分
習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑…[ 記事全文 ]
韓国人が「面白い」と注目した日本の鉄道の風景=「結構目障りかも」「韓国ではぼろが出ちゃうから無理」—韓国ネット Record China2月21日(火)0時40分
2017年2月20日、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本の電車に乗ったら」と題したスレッドが立ち、鉄道好きとみえるネットユーザーた…[ 記事全文 ]
「日本人はどうしてこんなことができるの?」=新婚旅行で日本を訪れた中国人女性が驚き! Record China2月17日(金)8時20分
2017年2月13日、中国のポータルサイト・今日頭条に、新婚旅行で日本に訪れた女性がつづった文章が掲載された。[ 記事全文 ]
インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」=中国 サーチナ2月18日(土)8時12分
インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないな…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア