BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

赤ちゃん猿の死を悲しむ群れの姿 ロボットの隠しカメラが捉える(印)<動画あり>

Techinsight1月14日(土)19時15分
画像:赤ちゃん猿の死を悲しむ群れ(出典:http://www.mirror.co.uk)
写真を拡大
赤ちゃん猿の死を悲しむ群れ(出典:http://www.mirror.co.uk)
英『BBC1』の野生動物シリーズ『スパイ・イン・ザ・ワイルド(Spy in the Wild)』は、動物の姿をしたスパイロボットに隠しカメラを搭載し、野生動物の反応を撮影するドキュメンタリー番組である。ネイチャー・ドキュメンタリーの第一人者でありプロデューサーでもあるジョン・ダウナーさんが率いるチームが今回、このロボットを使って撮影に成功したのはある猿の群れだった。『mirror.co.uk』ら複数のメディアが伝えている。

豊かな森の中にひっそりと建つインド・ラージャスターン州のヒンドゥー教寺院に棲むラングールモンキーの群れの中に、1匹の赤ちゃん猿のロボットが置かれた。ロボット猿は寄ってきた猿がしっぽに触るとその表情を変えるなど、本物と見間違えてしまうような巧妙な作りで、猿たちも仲間として受け入れているように見える。

カメラは平和な群れの様子を捉えているが、ここで思いがけないアクシデントが起こった。1匹の猿が木の上でロボット猿を抱きかかえようとしたその瞬間、小さなロボット猿の体はその手から滑り落ち地面に叩きつけられたのだ。慌てた猿はすぐさまロボット猿のもとに駆け付けて胸に抱きかかえるが、微動だにしない様子に呆然として立ちすくむ。

すると他の仲間たちが次々と集まってきてロボット猿を囲んだ。ある者は動かない猿の胸を撫で、ある者は「本当に死んでしまったの?」と確認するかのように近づく。悲しみを癒そうとお互いに抱き合う者もいる。

そして今までの騒がしさが嘘のように深い悲しみが群れを包む。「猿たちは自分たちの仲間の赤ちゃんが亡くなった時と同じように、赤ちゃん猿の死に反応しています」とのナレーターが入るが、群れが見せた行動は人間と何ら変わらず、見る者の胸を打つ。

『スパイ・イン・ザ・ワイルド』ではワニ、犬、オラウータン、鳥、カメなど30体以上のスパイロボットを準備しており、ジョンさんは「動物たちの行動は予測不可能だ。このシリーズでは今までにはない貴重な映像をお届けできるだろう」と語っている。



出典:http://www.mirror.co.uk
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
COPYRIGHT 2007-2014 MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD. ALL RESERVED

はてなブックマークに保存

Techinsight

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「ロボット」「カメラ」「赤ちゃん」「動画」の関連トピックス

「赤ちゃん猿の死を悲しむ群れの姿 ロボットの隠しカメラが捉える(印)<動画あり>」の関連ニュース

注目ニュース
買ったばかりのiPhone7燃え上がる、女性が恐怖体験—中国 Record China4月25日(火)12時10分
中国江蘇省南京市で22日未明、買って間もないiPhone7Plusが発火するトラブルが発生した。現代快報網が伝えた。[ 記事全文 ]
ドゥテルテ比大統領を「人道に対する罪」で告発 読売新聞4月25日(火)18時56分
【台北=向井ゆう子】フィリピンのドゥテルテ大統領が麻薬取り締まりの一環で「超法規的な殺人」を容認しているのは「人道に対する罪」にあたるとして、フィリピン人弁護士が24日、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)に告発した。家警察長官ら11人の政府高官らも名指しし、ICCに訴追を求めている。[ 記事全文 ]
ICBM実験で北朝鮮攻撃も=米国連大使が警告 時事通信4月25日(火)6時4分
【ニューヨーク時事】ヘイリー米国連大使は24日、北朝鮮が米軍基地への攻撃や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験を行えば、米国が北朝鮮を攻撃す…[ 記事全文 ]
「核攻撃手段、発射待機」=人民武力相が威嚇—北朝鮮 時事通信4月24日(月)21時40分
【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央テレビによると、朝鮮人民軍創建85周年を祝う中央報告大会が24日、平壌で開かれた。[ 記事全文 ]
平壌国際空港に2台しかないATMが使用不能に、中国の制裁か—米メディア Record China4月25日(火)11時30分
2017年4月24日、台湾・中央通信社によると、米AP通信はこのほど、北朝鮮の平壌国際空港に2台しかない現金自動預払機(ATM)が使用でき…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア