コストコへ枯れたクリスマスツリーを持ち込み返金を求めた女性が物議(米)

1月14日(日)6時0分 Techinsight

枯れたクリスマスツリーを持ち運んだ女性客「返金を!」(画像は『The Sun 2018年1月11日付「WOOD YOU BELIEVE IT? Woman takes Christmas tree back to Costco in January for a refund because it was dead」(Facebook)』のスクリーンショット)

写真を拡大

購入した商品に欠陥があった場合、ほとんどの店は返金に応じたり新品と交換してくれるものだ。しかし会員制倉庫型店のコストコでは、欠陥以外の理由でも代金を100%返金する保証がなされている。このほどアメリカでクリスマスの10日後にコストコへ行き、枯れ果てたツリーを返品しに来た女性が物議を醸している。英メディア『The Sun』などが伝えた。

米カリフォルニア州のサンタクララにあるコストコを訪れたスコット・ベントレイさん(Scott Bentley)は、目の前で起きた出来事を写真付きでFacebookに投稿した。すると瞬く間に拡散し、いくつかのメディアに取り上げられた。

投稿された写真には、個人を特定できないように顔の部分に画像処理が施された女性客の姿があった。彼女はコストコの返品カウンターに大きなクリスマス用のツリーを持ち込み、返金対応を求めていたのだ。スコットさんの投稿によると、クリスマスの25日をゆうに超えた今月4日の出来事である。

そのツリーは、見るからにボロボロで枯れているように見えたという。そしてコストコ側からは全額返金されて女性客は立ち去ったそうだ。スコットさんはFacebookにこう綴っている。

「昨日のコストコでの出来事ですが、作り話ではありません。コストコもこんなことに対応するなんてどうかしていますが、この客も客です。なんてみっともない…。ですがこんなことが広まって噂になれば、結局は皆が困ることになるでしょう。」

「平然とした顔で‟枯れてしまったから”と言い、女性はクリスマスツリーを返しに来ました。これは30分ほど前に起こったことで、この目でしっかりと見たので間違いありません。」

「私は思わず‟それ本気でやってるの?”と口にしてしまったほどです。そして私が写真を撮っても気にする様子もなかったので、彼女にとっては大したことではなかったのかもしれません。」

「ただ自尊心や品格を捨ててまで、彼女がお金に困っていたと思うと心が痛みます。最初に目にした時は腹立たしく感じましたが、もっと落ち着いて彼女の立場を考えてあげれば良かったと思っています。そうしたら彼女と話をして必要なものを聞き出せたかもしれなかったのに…。そう考えると悲しくなって、今は残念な気持ちでいっぱいです。」

スコットさんの投稿には、この女性に対して様々な意見が寄せられた。「それは節約のためだね。厚かましい女性がいるもんだ」といった声もあれば、コストコで働く家族がいるユーザーは「妹がコストコで働いているから知っているけど、みんな同じことをしているの。中にはツリーを持ってこないにもかかわらず、返金を求める人もいるほどだから」とこの女性客に対して理解を示すコメントも見受けられた。

実際にコストコの会員規約では、100%保証として「全商品について、会員の皆様に万一ご満足いただけない場合、商品と引き換えに代金を全額返金致します」とうたっている。その満足いかない理由も様々だろうが、海外の掲示板サイト『Reddit』によるとコストコは、空のワインボトル、食品用の古くなった魚、使い古した鳥かごやプリントした写真、10年使用したプリンターや購入後4年も経ったベッドマットまで返金に応じているとのことだ。

画像は『The Sun 2018年1月11日付「WOOD YOU BELIEVE IT? Woman takes Christmas tree back to Costco in January for a refund because it was dead」(Facebook)』のスクリーンショット

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

コストコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ