19年は過去2番目の暑さ=世界気象機関

1月16日(木)7時14分 時事通信

 【フランクフルト時事】世界気象機関(WMO)は15日、2019年の世界の平均気温が、観測史上最高だった16年に次いで、2番目に高かったと発表した。
 WMOによると、19年の平均気温は、産業革命前の1850年から1900年にかけての平均に比べ1.1度上昇した。また、2015年から19年の5年間と、10年から19年の10年間の平均がいずれも過去最高だった。10年平均は1980年代以降、最高を更新し続けており、温暖化の加速が顕著となっている。
 WMOは、温室効果ガスの増加が主な要因としており、「この傾向が続けば、世界の平均気温は今世紀末までに3度から5度上昇する」と予測している。 

[時事通信社]

時事通信

「19」をもっと詳しく

「19」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ