中国企業、米国での取得特許件数が増加—中国メディア

1月16日(水)5時0分 Record China

2018年に中国企業が米国で取得した特許の件数は前年に比べて12%増加した一方、他の国・地域の取得件数はいずれも減少したという。写真はファーウェイの広告。

写真を拡大

米国の特許関連調査会社のIFIクレイムズ・パテント・サービスがこのほど発表した2018年の発明特許報告によると、2018年に中国企業が米国で取得した特許の件数は前年に比べて12%増加した一方、他の国・地域の取得件数はいずれも減少したという。新華社が伝えた。

同社シニアアナリストのラリー・キャディさんは、「この現象の背後にある大きな原因の一つとして中国企業が研究開発投資を重視していることだ」と指摘。米国の特許アナリストは、「ここから中国がイノベーションで著しい進歩を遂げたことがわかる」との見方を示した。

同報告の中のグローバル企業2018年米国特許出願件数ランキングをみると、中国企業は華為(ファーウェイ)や京東方などの企業が上位に並んだ。

同報告は、「2018年には、米国特許商標庁により31万件近い発明が特許を受け、件数は前年比3.5%減少した」と伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ