武漢の肺炎、ドイツ専門家がSARSの一種と指摘、WHOは拡散警告—米華字メディア

1月16日(木)11時40分 Record China

15日、米華字メディア・多維新聞は、湖北省武漢市で発生した新型の肺炎コロナウイルスについて、ドイツの専門家が「SARSウイルスの一種だ」との認識を示したことを報じた。写真は羽田空港の掲示。

写真を拡大

2020年1月15日、米華字メディア・多維新聞によると、湖北省武漢市で発生した新型の肺炎コロナウイルスについて、ドイツの専門家が「SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスの一種だ」との認識を示した。

記事によると、ドイツのウイルス研究の専門家クリスチャン・ドロステン(Christian Drosten)氏は、中国で発生した肺炎コロナウイルスについて「2002〜03年に大流行した時のものに似たSARSウイルスだ」とした。また、「今回のような未知のウイルスへの人類の感染はだいたい10年ごとに1度出現する」と分析したほか、ヒトからヒトへの感染の可能性も示唆したという。

これについては、WHO(世界保健機関)も14日に「限定的ながらヒトからヒトへの感染が起こり得る」とした上で、大規模な拡散に向けた準備をするよう警告。現在世界の医療機関向けに感染制御のガイドラインを発行し、出現し得るウイルスの拡散に対処すると発表した。

記事は、これまでに中国の衛生当局が41人の感染を確認しており、数人の重症者のうち60代の男性1人が死亡したほか、患者と密接に接触した約700人が経過観察を受けていると伝えた。また、タイやシンガポール、韓国でも感染の疑いが出ているとした。なお、日本でも16日に、武漢市に渡航していた神奈川県の男性から同型ウイルスの陽性反応が出た。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「肺炎」をもっと詳しく

「肺炎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ