2019年の5Gスマホ出荷台数、ファーウェイ690万台突破、サムスン670万台以上—中国メディア

1月16日(木)12時40分 Record China

15日、中国メディアの観察者網は、韓国のサムスン電子に続いて中国のファーウェイも、2019年に出荷した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの台数を明らかにしたと報じた。

写真を拡大

2020年1月15日、中国メディアの観察者網は、韓国のサムスン電子に続いて中国のファーウェイ(華為技術)も、2019年に出荷した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの台数を明らかにしたと報じた。

観察者網によると、ファーウェイスマホ製品ラインのウェイボー公式アカウントは15日、同社の5G対応スマホのグローバル出荷台数が19年12月末までに690万台を突破したことを明らかにした。

今月初めには、サムスン電子が19年に出荷した5G対応スマホの台数は670万台以上で、目標に掲げていた約400万台という数字を大きく上回ったと伝えられていた。

中国メディアの天極網によると、ファーウェイは19年に5G対応スマホとして、HUAWEI Mate 30シリーズの5G対応版、サブブランド「Honor」のV30シリーズ、HUAWEI nova6 5G、折り畳み式のMate Xなどを発売している。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「スマホ」をもっと詳しく

「スマホ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ