国連安保理、北の暗号資産会議に不参加呼びかけ

1月16日(木)13時41分 読売新聞

 【ニューヨーク=村山誠】ロイター通信によると、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会・専門家パネルは、北朝鮮で来月開催される暗号資産(仮想通貨)に関する会議に参加しないよう各国に警告する。近く安保理に提出予定の報告書で「会議では制裁逃れやマネーロンダリング(資金洗浄)のための議論が行われる」とし、参加は安保理制裁決議違反となる可能性を指摘するという。

 専門家パネルは昨年9月公表の中間報告書で、北朝鮮が暗号資産交換業者などに対するサイバー攻撃を繰り返し、核・ミサイル開発につながる多額の資金を手に入れた可能性を指摘した。

 北朝鮮では昨年4月にも同様の会議が開かれ、参加した暗号資産専門家の米国人が、暗号資産技術を提供した疑いで米司法当局に逮捕されている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「安保理」をもっと詳しく

「安保理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ