中国人留学生が語る、日本留学を選んだ理由=中国メディア

1月17日(金)17時12分 サーチナ

中国メディアは、日本は小さな島国でありながらアジアの中で最も発展している国であるため、多くの学生が留学先として選ぶとしたうえで、日本で学ぶ中国人留学生が日本を選ぶ主な理由を5つ紹介している。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 中国メディア・東方網は15日、日本に留学する中国人学生が考える「日本留学を選択した理由」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本は小さな島国でありながらアジアの中で最も発展している国であるため、多くの学生が留学先として選ぶとしたうえで、日本で学ぶ中国人留学生が日本を選ぶ主な理由を5つ紹介している。

 1つめは、日本が国を挙げて教育を重視している点だ。日本に1000校以上存在する各種大学が日本の発展の原動力となっているとしたほか、日本政府も巨大な教育経費を投じていると伝えた。

 2つめは、就職に有利な点。日本には中国市場に関係する企業が多く、日本語ができる中国人人材の就職率が比較的高いと紹介。また、中国国内大学の外国語学部の中でも、日本語学部の就職率はトップクラスであり、日本においても中国においても就職するうえで有利だとしている。

 3つめは、日本政府が外国人留学生を積極的に呼び込んでいることだ。少子高齢化の加速により日本国内では人材不足に陥っており、留学生の呼び込みと支援が強化されているとし、学費や医療費、交通費などの補助に加え、日本の大学を卒業後に滞在可能な期間が半年から1年に延長されるなど、日本でのキャリア形成がしやすくなっていると伝えた。

 4つめでは、欧米に比べて日本留学はコストパフォーマンスが高いこと、5つめでは発音が簡単であるうえ大量の漢字が使用されていることから、中国人にとって日本語が学びやすい言語である点を挙げている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「留学」をもっと詳しく

「留学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ