「なんか面白かったから」 ホームレスを暴行殺害した10代2人に終身刑(英)

1月18日(木)19時31分 Techinsight

ホームレス男性を殺害した10代2人組(画像は『Daily Record 2018年1月16日付「Teens who bludgeoned homeless man to death because ‘it was funny’ are jailed for life」(Image: PA)』のスクリーンショット)

写真を拡大

あまりにも重くかけがえのないその命は、「面白かったから」という理由で暴行し続けた10代の男たちよって無残にも奪われた。昨年5月に英ケント州で起こった殺人事件につき、このほど犯人の19歳2人には「仮釈放まで16年と18年となる終身刑の判決」が下されたことを、英メディア『Daily Record』『Mirror』『The Argus』などが伝えている。

ルーマニア出身のラズヴァン・シルブさん(21歳)は2016年10月、母親マリネラ・ガフィータさんを追う形でイギリスへとやって来た。ルーマニアの都市ヤシで母と祖母に育てられたひとりっ子のラズヴァンさんは動物とスポーツが好きで、高校卒業後はケータリングの専門学校に通っていたという。

しかしイギリスへ渡り、ケント州グレーブセンドで母親と暮らし始めたラズヴァンさんは派遣会社を通して仕事をしていたが、ゆくゆくはTシャツ製造のビジネスを展開させたいという夢があった。ところがある日、母親との喧嘩が原因で家を出てしまい、2017年4月からは同州メイドストーンのトーヴィルでホームレス生活をするようになってしまった。地元の慈善団体から貰ったテントを張って暮らしていたラズヴァンさんに、悲劇が襲ったのは5月6日のことだった。

アレックス・マクドナルド(19歳)とチャーリー・ホワイト(19歳)は仲間とともに6日の午後11時頃、ラズヴァンさんのテントに近付き襲い掛かった。肉切り包丁や木材を凶器に激しい暴行を加えてラズヴァンさんを殺害した後、翌日にはスケートパークで血が付いた上着を燃やしている姿が園内の監視カメラに捉えられていた。

7日の午前7時頃、ラズヴァンさんの遺体は森の中で犬を散歩させていた人により発見された。ラズヴァンさん殺害から2日後、マクドナルドとホワイトはドーバー近くのシェパーズウェルでガールフレンドらと一緒にトレーラーハウスに潜伏していたところを逮捕された。後に、トレーラーハウス内にあったグレー色のコートのフード部分に付着していた血液が、ラズヴァンさんのものと一致したことが明らかになっている。

ラズヴァンさんの遺体には、頭部と胴体に28か所の鈍器による外傷があった他、複数の頭がい骨骨折と顔面骨折、肋骨骨折があり、検視した神経病理学者も「残虐な攻撃を受けた後、生存していたのはわずか30分ほどだっただろう」と口にするほど、相当な暴行を加えられていたことがわかった。

マクドナルドとホワイトは、地元トーヴィルで「Tovil Boys(トーヴィル・ボーイズ)」と呼ばれているグループのメンバーで素行も決して良くなかった。犯した罪の重さへの自覚が全くないのか、ホワイトはマクドナルドに「お前が殺したんだっけ? 俺だったか?」と尋ね、マクドナルドが「俺がやったんだったよな?」と答えると「なんで顔をあんなに殴ったんだよ」と聞くホワイトに、「だってなんか面白かったから」と笑みさえ浮かべながら答えるやり取りがあったことが、公判で明らかになった。

事件を担当したトニー・プレジャー捜査部長は、ラズヴァンさんへの暴行の傷が頭部から脊髄へと全身におよび広範囲にわたって出血していた事実を受け、マクドナルドとホワイトを「臆病者」と呼び「理由のない不当な暴力によりラズヴァンさんの人生は奪われた」と怒りを露わにした。

1月16日、メイドストーンの刑事法院に出廷したマクドナルドとホワイトは殺人容疑を否認していたが、陪審員により有罪となり「思慮のない残虐で人事不省な行為」として仮釈放の対象となるまでホワイトには最低でも16年、マクドナルドには18年の“終身刑”が言い渡された。判決を聞き終えたマクドナルドは、裁判所スタッフの1人を地面に倒すなど攻撃的な行動に出たという。ひとり息子を殺されたマリネラさんは、そんな殺人犯の姿を一般傍聴席から目にしており、涙をこらえることができなかったようだ。ルーマニアからイギリスに来てわずか7か月後に、無残にも殺害された息子の死を悲しむマリネラさんは判決後、このように語った。

「たったひとりしかない息子をこのような形で失ってしまった私の世界は崩れ落ちてしまいました。この悲しみは例えようもありません。」

世間からはラズヴァンさんの死を悼む声が多数寄せられるとともに、反省の欠片もない様子の殺人犯らに「何の関係もない人を巻き込むなんて最低もいいところだ」「どういう育てられ方してるの。親の顔が見てみたい」「出所したって絶対また前の仲間とつるんで同じことする」「こういう奴らは、一生刑務所から出すべきじゃないんだ」と犯人に対しての怒りだけでなく、「笑わせるな。16年や18年は“終身刑”とは言わない。すぐに出て来られるじゃないか!」「裁判所よ、“終身刑”という意味を考えろ」「アメリカやカナダは“終身刑”っていうと最低30年だぞ」といった判決への非難の声も高まっている。

画像は『Daily Record 2018年1月16日付「Teens who bludgeoned homeless man to death because ‘it was funny’ are jailed for life」(Image: PA)』『Metro 2018年1月16日付「Teenagers jailed for life for beating homeless man to death ‘because it was funny’」(Picture: PA)』のスクリーンショット

Techinsight

「暴行」をもっと詳しく

「暴行」のニュース

BIGLOBE
トップへ