−20度のベランダに赤ちゃんを5時間放置、死なせた母親「忘れてしまった」(露)

1月19日(日)5時50分 Techinsight

母親が生後7か月の息子をマイナス20度のベランダに放置(画像は『kompravda.eu 2020年1月7日付「В Хабаровском крае мать забыла собственного ребенка на холодном балконе」(Фото: Василий ЗАДУНАЕВ)』のスクリーンショット)

写真を拡大

ロシア極東部ハバロフスク地方で今月5日、40歳の母親が生後7か月の赤ちゃんをベランダに放置して死亡させたとして当局が捜査に乗り出した。外の気温はマイナス20度だったが、母親は赤ちゃんをベビーカーに入れたままベランダに置き、そのまま5時間も放置したという。『Fox News』『The Sun』などが伝えた。

冬の寒さが厳しい北欧やロシアでは、氷点下でも赤ちゃんを戸外に出しベビーカーで昼寝させることが珍しくない。閉め切った室内よりも冷たい空気の中で寝たほうが眠りも深く、丈夫な身体を作ると考えられているからだそうで、冬の公園にベビーカーがずらりと並ぶこともあるようだ。

しかしそんな習慣が仇となるような悲劇が、露ハバロフスク地方のニコラエフスク・ナ・アムーレのアパートで起きてしまった。なかなか寝付かない生後7か月の赤ちゃんをベビーカーに入れたままベランダに出した母親が、マイナス20度の寒空の下に5時間も放置して死なせてしまったのだ。

母親は一時拘留され警察の取り調べを受けたが、「息子を外に出したのを忘れてしまった。気づいて室内に入れた時には身体が冷たくなっており、蘇生を試みようとしたがすでに呼吸をしていなかった。決して故意でしたことではない」と主張した。

これに対し当局は「母親は薬物、アルコールの摂取はしておらず、赤ちゃんを虐待していた証拠も見つからなかった。赤ちゃんの死因は低体温症であり、非常に不幸かつ悲劇的な事故である。しかしながら今後どういった経緯で赤ちゃんが亡くなったのか、過失致死罪なども視野に入れて捜査を進めていく」と述べている。

ハバロフスク地方ではこの事故の数日前にも1歳児が外で低体温症に陥り死亡しており、地元保健省は次のような声明を出した。

「常に子供の居場所を把握し、子供を外に1人で放置しないこと。酷寒の地では、ほんの短い時間でも子供にとっては命取りになる。子供が放置されていたり危険にさらされている時には通り過ぎずに立ち止まり、助けの手を差し伸べてもらいたい。」

このニュースには「自分の子供を5時間も忘れてしまうって、あり得ない」「これは育児放棄にあたる犯罪」「母親に責任がある」「自宅にいたわけでしょう? 5時間も何をしていたの?」「赤ちゃんがかわいそう」「子供は親を選べないからね」「マイナス20度でも外で昼寝?」「母親は一生トラウマを抱えて生きることになるんだよね」といったコメントがあがっている。

ちなみに炎天下での子供やペットの置き去り事故は度々発生しており、昨年7月には1歳の双子が父親の不注意によって車の後部座席に置き去りにされ死亡するという事故が起きていた。

画像は『kompravda.eu 2020年1月7日付「В Хабаровском крае мать забыла собственного ребенка на холодном балконе」(Фото: Василий ЗАДУНАЕВ)』のスクリーンショット

Techinsight

「赤ちゃん」をもっと詳しく

「赤ちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ