世界10大レジャー観光目的地、中国のアモイが2位—ウイーン紙

1月21日(月)19時0分 Record China

ウイーンの大手新聞が2019年世界10大レジャー観光目的地推薦ランキングを発表。世界の新興観光地やニッチ市場の観光地に特に注目しており、中国のアモイが2位に選ばれ、「周囲に多くの島嶼を擁する、東西の文化が融合した都市」と評価された。

写真を拡大

旅行博覧会「ウィーン観光メッセ」が1月10日から13日まで、オーストリアの首都ウィーンで開催された。会期中、現地の大手新聞「Osterreich」が2019年世界10大レジャー観光目的地推薦ランキングを発表。このランキングは世界の新興観光地やニッチ市場の観光地に特に注目しており、中国のアモイ(厦門)が2位に選ばれ、「周囲に多くの島嶼を擁する、東西の文化が融合した都市」と評価された。1位はニュージーランドのカイコウラ。このほかに、メキシコ・プエブラ、フランス・ノルマンディー地方、米国・グレートスモーキーマウンテン国立公園、アルゼンチン・ブエノスアイレス州、ガーナ・アクラ、モザンビーク、スコットランド・アウターヘブリディーズ、日本・和歌山県が選ばれた。厦門日報が伝えた。

グローバル化の影響が強まるのにともない、アモイは観光地として高い人気が続いている。このほどグローバル民泊予約プラットフォームのエアビーアンドビーが発表した2019年に最も人気のある観光目的地19カ所では、アモイが上位に入った。シェアハウス事業を専門に手がける同サイトは、予約件数、検索件数、ユーザーの「キャンセル待ちリスト」などのデータを踏まえてランキングを作成した。携程ビッグデータの予想では、まもなく訪れる今年の春節(旧正月、今年は2月5日)の連休には、アモイが春節国内観光人気10大目的地、春節ホテル予約件数上位10位目的地、「逆方向の春運(春節<旧正月>の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)」の10大人気都市に入るという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「観光」をもっと詳しく

「観光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ