レジ待ち5時間!?台湾にドンキ1号店オープンで客殺到「発狂しそう」—台湾メディア

1月21日(木)14時0分 Record China

日本の「ドン・キホーテ」の台湾1号店「DON DON DONKI」が19日、オープンした。台湾メディアのNOWnewsは「会計まで5時間も並ぶ状況となった」と伝えている。

写真を拡大

日本のディスカウントストア「ドン・キホーテ」の台湾1号店となる「DON DON DONKI(ドンドンドンキ)」が19日、台北市西門町にオープンした。台湾メディアのNOWnewsは、24時間営業の同店では深夜も行列が絶えず、「なんと会計まで5時間も並ぶ状況となった」と伝えている。

日本のドン・キホーテは台湾人観光客にも人気だ。記事は、「日本に290以上の店舗を持ち(※同社サイトではドン・キホーテが227店舗、MEGAドン・キホーテが137店舗)、店内には目移りする商品がいっぱい。生鮮食品、化粧品、家電、生活用品、菓子などが4万種以上あり、台湾人が日本に行くと必ず訪れる店の一つだと言っても過言ではない」と説明。「台湾出店を受け、多くの人が新型コロナウイルス流行の非常時に海外に行くことができない欲求不満を爆発させ、オープン初日から店の内外がごった返した」と伝えた。

その上で、「多くのネットユーザーは24時間営業のため、深夜には比較的空いているだろうと考えていたが、思わぬことにフェイスブックでは多数の嘆きの声がシェアされている」とし、台湾人ユーザーから「午前2時に入って7時にやっと出てこられた。発狂しそう」「午前0時に行って、会計が終わって出てきたら5時だった…」「レジが5時間待ちと聞いてあきらめたよ」「ほとぼりが冷めてから行くよ。深夜に5時間待ちとか、とんでもない」といった書き込みがあったと紹介した。

また、この盛況ぶりは日本のツイッターやインターネット掲示板でも話題になっているとし、日本のユーザーから「値段が高いと思う。並んで買うほどのものでもない」「ドンキだけじゃない。日本のものは台湾で高く売られている」「コロナなのに客いっぱい入れてどうする」「(出店して現地で混雑を生み出すことについて)台湾に迷惑をかけないでほしい。今コロナで大変な時期なんだから」「台湾人は日本に来たくてうずうずしてるみたいだ」などのコメントが寄せられたことを併せて伝えている。

記事はこのほか、先日台湾の病院で集団感染があったことに触れ、「ドン・キホーテで起きたような大勢の人の波が防疫措置の破たんを引き起こすのではないかと懸念する人も少なくない」とし、これについて台湾市衛生局が「個別の事例については回答を控える」としながらも、「秋冬の防疫対策には詳細な規定があり、デパートも措置を取っている。大型の商業施設に対して(現在の措置を超える)ほかの指示があれば呼び掛ける」とコメントしたことを伝えた。(翻訳・編集/北田)

Record China

「ドン・キホーテ」をもっと詳しく

「ドン・キホーテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ