日本のC—2輸送機は中国のY—20に劣る?積載量は約半分—中国メディア

1月22日(月)23時10分 Record China

22日、新浪に、日本のC―2輸送機について分析する記事が掲載された。写真はY―20。

写真を拡大

2018年1月22日、新浪に、日本のC—2輸送機について分析する記事が掲載された。

記事は、「中国の輸送機・Y—20(運—20)が出る前までは、2010年1月26日に初飛行した日本のC—2輸送機がアジア最大の輸送機だった」と紹介。しかし、13年1月26日に中国のY—20が初飛行に成功したため、「C—2はアジア最大の輸送機ではなくなった」と主張した。

その上で、日本のC—2と中国のY—20を比較すると、「C—2の方が劣っている」と指摘。Y—20の最大離陸重量が220トンで、最大積載量は66トンであるのに対し、C—2は最大離陸重量が141.4トン、最大積載量は36トンに過ぎないと伝えた。

記事は、「P—3哨戒機の後継機としてP—X哨戒機、C—1輸送機の後継機としてC—X輸送機の開発が進められた」と紹介。C—X輸送機が後のC—2となるわけだが、「有効積載量は26トン、双発のターボファンエンジン搭載の中型輸送機として開発され、P—X哨戒機と一部を共通とする方式で開発費を削減した」と伝え、こうした制限のため、「C—2輸送機は中国のY—20に匹敵する輸送機とはなり得ない」と論じた。

また、「C—2は、研究開発の段階でリベットの品質、水平尾翼の変形、主脚やその付近の胴体構造の一部が変形するなどの問題が発生したため、07年9月には初飛行する予定だったのが、10年1月26日に遅れた」と紹介。自衛隊への納入は16年6月30日にずれ込んだことも伝えた。

一方、中国のY—20は13年1月26日に初飛行し、16年7月6日には正式に配備されたため、「研究開発はY—20の方が明らかに速い」と記事は結んだ。(翻訳・編集/山中)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

BIGLOBE
トップへ