トランプが口止め料を払った不倫相手?のポルノ女優、怒涛の人生

1月23日(火)16時0分 ニューズウィーク日本版

<ポルノ女優として栄えある賞を総なめにしてきたダニエルズ、今年のアダルトエキスポではトランプの元不倫相手として注目を浴びそうだ>

ドナルド・トランプ大統領と不倫関係にあったと報じられたポルノ女優、ストーミー・ダニエルズが、ラスベガスで1月24日から開催されるアメリカ最大のアダルト展示会「アダルト・エンターテインメント・エキスポ」に出席する。開催中の1月27日には映画賞が発表される予定で、ダニエルズは複数の賞にノミネートされている。

アダルト映画制作会社ウィキッド・ピクチャーズに所属するダニエルズがノミネートされているのは、パフォーマンス、脚本、演出、年間最優秀監督賞の4部門。ストーミー・ダニエルズことステファニー・クリフォードは38歳で、ポルノ業界で長年活躍してきた有名スターだ。これまでも、ポルノ映画の演技賞と監督賞を数々受賞してきた。

Let's party! #chateaunightclub pic.twitter.com/oy7tl1tHzy— Stormy Daniels (@StormyDaniels) 2018年1月23日


たとえば2004年には業界誌「アダルト・ビデオ・ニュース」から最優秀新人賞を、2016年にはセックス産業のニュースメディア「XBIZ」から年間最優秀監督賞を贈られている。

トランプと同様、ダニエルズもかつて、自身の知名度を利用して政界進出を試みたことがある。2009年にはファンのグループが、ルイジアナ州選出の連邦上院議員候補としてダニエルズを擁立しようとした。ダニエルズは共和党員として登録し、国民の声を聴くためのリスニングツアーを実施。本気で立候補する意思があると公言した。

派手な夫婦喧嘩に爆破事件も?

しかし、ダニエルズの政治生命はすぐに絶たれた。夫婦喧嘩の最中に夫に暴力をふるい、DV(ドメスティックバイオレンス)容疑で逮捕されたのだ。喧嘩の原因は、洗濯物と光熱費の未払いだった。また、当時のダニエルズの政治顧問は、ニューオーリンズ中心街にある自身のアパートの外に停めてあった自家用車が爆破されたと主張した(ダニエルズがやったという証拠はない)。すでに注目の的だったダニエルズの人生はさらにドラマチックになった。

Hey South Carolina! See you soon... pic.twitter.com/2LNM1ldSB2— Stormy Daniels (@StormyDaniels) 2018年1月16日


アダルト・エンターテインメント・エキスポではダニエルズはもはや常連だが、今年は普段にも増して注目が集まっている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が1月12日、トランプの顧問弁護士マイケル・コーエンが大統領選前の2016年にダニエルズに対し、2006年にトランプと不倫関係を持ったことを口外しないよう13万ドルの口止め料を払ったと報じたからだ。



この口止め料の支払いは選挙結果を捻じ曲げる選挙資金の不正利用にあたる可能性があるとして、政府監視団体コモンコーズが司法省と連邦選挙委員会に訴えている。

アダルト映画ストリーミングサイト「PornHub」がブログで公開しているデータ・アナリティクスによると、その報道後、サイトでの「ストーミー・ダニエルズ」の検索数が375%も増えたという。

同紙が報道する前から、トランプとダニエルズの不倫関係については2016年ごろから報じられていたが、2人はそれを否定している。今回の暴露に対しても、トランプ、ペンス正副大統領ともまだコメントしていない。

(翻訳:ガリレオ)

グレッグ・プライス

ニューズウィーク日本版

「トランプ」をもっと詳しく

「トランプ」のニュース

BIGLOBE
トップへ