ミルクティーを買おうと列に並んだ女性、焦げ臭いにおいがしたと思ったら5歳の息子が感電していた—中国

1月23日(木)22時40分 Record China

中国メディア・看看新聞は20日、開業3日目のドリンク店で5歳の男の子が感電する事故があったと報じた。

写真を拡大

中国メディア・看看新聞は20日、開業3日目のドリンク店で5歳の男の子が感電する事故があったと報じた。

記事によると、事故が起きたのは先月下旬のこと。浙江省杭州市にオープンした店での出来事だった。ミルクティーを買うため男の子と列に並んでいた母親の話では、「急に焦げ臭いにおいがしたと思ったら、息子の指が焦げているのに気が付いた」そうだ。

あまりにも突然のことで何に触れて感電したか分からないという母親だが、「自分がレジの前に立っていた時、横のガラスケースの前に息子がいたことだけは印象に残っている」という。

当時、男の子は右手の中指と左手の指4本を負傷しており、やけどがひどかった2本については傷跡が残るだろうとの説明を医師から受けた。問題の場所の修理は終わったが、店の責任者は「漏電の原因は自分にもはっきりと言えない」としているそうだ。

記事によると、店側はこれまで、賠償金5000元(約7万9000円)と治療費4000元の計9000元を支払った。さらに賠償金として3000元を追加する考えを示しているという。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「感電」をもっと詳しく

「感電」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ