【CRI時評】今年の春節、中国人は「団らん」に新たな意味を追加した

1月25日(土)15時22分 Record China

本日24日は、中国の旧暦大晦日だ。この日は中国人にとって、1年で最も大切な、一家団らんの日だ。しかし新型のコロナウイルスである肺炎の流行が発生し、一家団らんをあきらめた人も多い。中国人にとって「実家に帰っての年越し」は、心の中での最も重要な行事だ。春運(春節期間の帰省・Uターン...

写真を拡大

 本日24日は、中国の旧暦大晦日だ。この日は中国人にとって、1年で最も大切な、一家団らんの日だ。しかし新型のコロナウイルスである肺炎の流行が発生し、一家団らんをあきらめた人も多い。中国人にとって「実家に帰っての年越し」は、心の中での最も重要な行事だ。春運(春節期間の帰省・Uターンラッシュ)はしばしば、「世界最大規模の人類大移動」などと形容されるほどだ。

 しかし、武漢市で肺炎の流行が発生し拡散したことで、ほとんどの人の計画がかく乱されることになった。1月24日午前0時までに、中国の29省(民族自治区、中央直轄市を含む)で新型コロナウイルスによる肺炎に感染し発症したと確認された人は、報告によれば累計830人に達した。香港・マカオ・台湾では5人、国外では9人の感染が確認された。帰省や旅行に出る計画を断念した人々は多く、多くの地域では春節の祝賀活動が取り消され、家庭で中国恒例の年越し番組の春節聯歓晩会を鑑賞することが提唱されるようになった。一方で、人々をそれ以上に感動させているのは、中国の多くの地方の医療関係者が次々に武漢入りして、現地の医療関係者と共にウイルス問題ついて極めて高い職業精神と専門家としての資質を発揮していることだ。

 世界保健機関(WHO)は現地時間1月23日夜、中国の新型コロナウイルス性肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」とすることを見送ると発表した。その理由は、現在のところは感染発症者数が緊急事態を宣言する基準に達していないからだ。WHOは同時に、中国政府の協力と透明性、特に新型コロナウイルスを迅速に分離抽出してDNAの解析を進め、情報を国際社会と共有していることに対して感謝の意を表明した。

 今回の春節に際して、中国人は伝染病との戦いに奮闘している。このことは、「団らん」に新たな意味を与えることになった。人々は物理的には離れたままだが、心と魂の面ではさらに近く寄り添うことになった。(CRI論説員)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ