非常事態宣言まで出たフリント市の水道汚染は「構造的人災」

1月28日(木)16時0分 ニューズウィーク日本版

 ミシガン州フリント市で、水道水が高濃度の鉛で汚染されて健康被害まで確認され、オバマ大統領が「非常事態」を宣言する事態になっています。一体、何が起きているのでしょうか?

 フリント市は、デトロイト市から北西に50キロ離れた中規模都市で、自動車産業の拠点として有名でした。最盛期は60〜70年代で、この頃の人口は20万人弱に達していたのですが、自動車産業の衰退とともに人口は減少して現在は9万9000人へと半減しています。

 また一時期の高福祉政策の結果として流入した貧困層のために、市の人口に占める貧困線以下の住民は26%に及んでいます。また人種ということではアフリカ系が57%、ヒスパニックが4%、非ヒスパニックの白人が36%となっています。こうした状況を受けて、市の財政は破綻し、現在は「財政非常事態」と認定されて「管財人の管理下」つまり、事実上はミシガン州の管理下に置かれています。

 このフリント市の盛衰に関しては、同市の出身である左派のドキュメンタリー映画監督であるマイケル・ムーアが出世作である『ロジャー・アンド・ミー』(1989年)で描き出しています。GMがリストラで利益を確保している一方で、フリントのコミュニティは根本から破壊されたということを、当時のGMのロジャー・スミス会長に「アポなし取材」で対決するという「ストーリー」がタイトルの由来です。

 ちなみに、ムーア監督は日本でも有名で人気がありますが、以前のコラムで取り上げたように、そもそもデトロイト、そしてフリントの自動車産業を「破壊」したのは日本車であることから、根っこの部分では日本に対しては複雑な感情を持ち続けているようです。

 そのフリント市で、水道水の「鉛汚染」が発覚したのです。鉛は重金属の中でも人体に深刻なダメージを及ぼすことで有名で、赤血球の重要な成分であるヘモグロビンの生成を阻害します。特に子どもの場合、長期的には神経障害などの重篤な症状を招く恐れがあります。

 その鉛の含有率ですが、飲料水の場合に一般的な安全基準としては10ppb(ppmの千分の一)とされています。日本でも安全基準は10ppbです。ちなみにアメリカの規制値は15ppbとなっています。

 ワシントン・ポスト紙などの報道によれば、ミシガン州のトロイ市では1.1ppb、デトロイトの平均も2.3ppbに収まっている一方で、フリント市では、全市のサンプルから上位の極端な10%を除外した90%の総平均でも27ppbと危険な値を示しているのです。

 では、その危険な上位10%ではどうかというと、バージニア工科大学が検査した家庭の水道水からは158ppb、市の調査員のデータでは、ある家庭で397ppbを検出しています。また、このバージニア工科大学の調査チームによれば、158というのは「上澄みの数値」であって、一定量を溜めておいて良く混ぜて検査したケースでは、200あるいは397、さらに最悪のサンプルからは1万3000ppbなどという極端な数字も得られているというのです。

 健康被害も出始めています。4〜13歳という子供たちの中には鉛中毒特有の皮膚炎が発見されており、中長期的には神経障害などの深刻な症状へ移行することが懸念されています。成人の中には頭髪が抜けるなどの症状も出ています。

 先進国のアメリカで全く信じられない話ですが、現時点では以下のような経緯があると理解されています。

 フリント市の上水道は、長年デトロイト市から供給を受けてきました。ですが、デトロイトを含む広域圏が五大湖の1つであるヒューロン湖から取水してより効率的な上水道供給をするための「新公社」を設立する際に、フリントは利用料が払えないということになったのです。

 それはフリント市民や、市民の選んだ行政の判断ではありませんでした。破綻自治体のフリントの場合は、管財人の判断としてそうなったのです。デトロイトへの給水は新公社に移行したのですが、支払い能力のないフリントはその新公社からの給水を拒否され、他に選択肢のなくなったフリントは、2014年4月からは市内を流れる「フリント川」から上水道の取水を開始しました。

 この「フリント川」の水質が問題でした。と言っても、川の水が鉛で汚染されていたのではありません。そうではなくて、質の悪い水を上水道として流したために、老朽化していた市内の「鉛水道管」が急速なペースで腐食され、その鉛が水道水に溶け出したのです。

 汚染源は、長年のGM工場からの硫酸塩を含んだ排水が原因という説と、多雪地帯のために融雪剤として使われた塩が大量に流れこんだためという二説がありますが、いずれにしても、質の悪い水源へスイッチしたための現象ということはほぼ立証されています。

 この問題は、直ちに激しい政争を巻き起こしています。

 民主党系の世論はカンカンです。例えば、マイケル・ムーア監督は自ら抗議行動の先頭に立って「リック・スナイダー知事(共和党)の逮捕」を要求しています。辞任ではなく逮捕というのは、知事自身が「フリント市の財政を管財人の管理下に置くことで、新公社からの給水ができなくした張本人」という見方が成立するからです。

 ムーア監督は「これは公害事件ではなく、人種差別であり、人種へ向けたジェノサイドだ」と語気を荒げていますが、そうした抗議の声は、図らずも「自分は社会民主主義者」だとして「格差是正」の看板を掲げるバーニー・サンダース大統領候補への支持と重なりつつあるとも言えます。

 一方の共和党は知事を擁護する立場です。「問題は深刻だが、発覚後の知事の行動は立派。責任があるのはミシガン州の硬直化した官僚主義」というのが共和党の立場です。

 そんな中で、現在は2つの大きな訴訟が成立しつつあります。1つ目は住民がミシガン州を相手に訴える民事訴訟です。2つ目はミシガン州政に違法行為があった可能性に関する刑事訴追です。アメリカの司法システムでは、ミシガン州の州検事というのは刑事事件の起訴を行う一方で、州の法的代理人を兼ねます。ということは、州検事は民事訴訟では州政府を防衛しつつ、刑事訴訟では州政府の起訴を検討するという「利害相反」に立ち至ります。そこで2つ目の刑事訴追に関しては、常設の州検事ではない「特別検察官」を設置して対応することになりました。

 では、現在の市民生活はどうなっているのかというと、全国の民間企業から何百万という単位で「ミネラル・ウォーターの無償提供」がされているので、当面の飲み水には困らない状況です。ですが、「フリント川の汚染水」で極端に腐食の進んだ「市内に張り巡らされた水道の鉛管」を交換するような財源はどこにもない中で、安心して飲める水道水が戻ってくるというメドは立っていません。

ニューズウィーク日本版

「汚染」をもっと詳しく

「汚染」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ