韓国サラリーマンの平均月収はどのくらい?—中国メディア

1月29日(水)6時20分 Record China

28日、新浪科技は、韓国のサラリーマンの平均月収について報じた。

写真を拡大

2020年1月28日、新浪科技は、韓国のサラリーマンの平均月収について報じた。

記事によると、韓国統計庁が先日発表した統計データで、2018年現在の韓国サラリーマン層の平均月収は297万ウォン(約27万5000円)で前年よりも10万ウォン(約9300円)増えたことが分かった。

収入額で最も多かった層は150〜250万ウォン(約13万9000〜23万2000円)の28.9%で、以下、85万ウォン未満(約7万9000円)が16.3%、250〜350万ウォン(約23万2000〜32万4000円)が15.4%、85〜150万ウォン(約7万9000〜13万9000円)が11.2%の順になった。

また、経済協力開発機構(OECD)の基準による、月収が平均値の半分に満たない「貧困サラリーマン」は20.4%となり、前年より0.4ポイント減少。さらに、男女別では男性が347万ウォン(約32万1000円)で同2.7%増、女性が225万ウォン(約20万8000円)で同5.5%増となっており、女性の収入が男性の64.8%にとどまったという。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ