新型肺炎関連の医療廃棄物を処分する特別な「白衣の戦士」たち—中国

2月11日(火)10時20分 Record China

新型コロナウイルス感染による肺炎患者が激増する中、ウイルスとの闘いの最前線に立つ中国の各級の医療機関からは、毎日、大量の医療廃棄物が発生している。

写真を拡大

新型コロナウイルス感染による肺炎患者が激増する中、ウイルスとの闘いの最前線に立つ中国の各級の医療機関からは、毎日、大量の医療廃棄物が発生している。その廃棄物をどのように処理するかが、最後の防御線を守り抜くカギで、伝播の潜在リスクを断ち切る重要なプロセスとなっている。中国新聞網が伝えた。

寧夏回族自治区で、新型コロナウイルス関連の医療廃棄物を焼却処分する唯一の企業・寧夏徳坤環保科技実業集団(所在地・銀川市)を9日に訪れ、同自治区の感染症指定医療機関や隔離施設で発生した医療廃棄物をどのように処理しているかを取材した。現時点で、同社が集めて運んだ新型コロナウイルス関連の医療廃棄物の重量は合わせて7502.83キロで、運搬距離は合わせて5000キロ以上に達している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

「新型肺炎」をもっと詳しく

「新型肺炎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ