<平昌五輪>まさか!ショートトラックで中国の男女4選手が相次いで失格、ネットから怒りの声

2月14日(水)11時20分 Record China

13日、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国の4選手が相次いで失格となる波乱が起きた。

写真を拡大

2018年2月13日、平昌五輪のスピードスケート・ショートトラックで中国の4選手が相次いで失格となる波乱が起きた。中国中央テレビ(CCTV)は男子の任子威(レン・ズーウェイ)と韓天宇(ハン・ティエンユー)、女子の範可新(ファン・カーシン)と曲春雨(チュー・チュンユー)が失格となったことについて「韓国のリンクは特別寒い」とツイートしており、中国のネットユーザーはこの結果に怒りの声を上げている。

男子1000メートル予選4組に出場した任子威は2着でゴールするもルール違反があったとして失格となり、6組で登場し1着でゴールした韓天宇も失格と判定された。中国・観察者網は「3位だった韓国の徐イラが(中国選手の失格で)幸運にも2位に浮上した」と報じた。また、女子500メートル準決勝でも範可新と曲春雨がそれぞれ失格となったことで、中国女子は5連覇の夢が断たれる結果となった。

中国と韓国は共にショートトラックの強豪国。失格の判定が微妙だったケースもあり、中国のネット上には韓国に対する怒りの声や、「韓国での大会は安全が第一、メダルはその次」と選手を慰めるような声が多数上がっている。

韓天宇は5000メートルリレーで決勝進出を決めた後の取材で「(個人で出場した1000メートルの失格は)残念だが、韓国のホームだから仕方がない。判定は受け入れる」とコメント。任子威は「おかしい」と判定への不満を吐露している。

範可新は「言い訳はしたくはない」としつつも、「相手を抜く時はどの選手もわずかな接触は必ずあるもの。その基準は審判による。審判から見て私の接触が反則だとされたのだろう。気持ちを切り替えて、リレーに望みます」と語った。涙を流した曲春雨は一言も発することなく会場を後にした。

一方、チームを率いる李[王炎](リー・イエン)監督は「非常に残念。本当に残念」とし、「判定が厳しいとはいえ、やはり選手自身の問題。自分に問題があるから、相手にチャンスを与えてしまう」と語っている。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「平昌」をもっと詳しく

「平昌」のニュース

BIGLOBE
トップへ