<平昌五輪>日本の女子選手が選手村の入浴問題を指摘—中国メディア

2月15日(木)11時20分 Record China

14日、新浪体育は、戦いを終えて平昌から帰国した女子スキージャンプの日本代表選手が「選手村のシャワーの温度が低すぎる」と不満をこぼしたと伝えた。写真は選手村の部屋。

写真を拡大

2018年2月14日、新浪体育は、戦いを終えて平昌から帰国した女子スキージャンプの日本代表選手が「選手村のシャワーの温度が低すぎる」と不満をこぼしたと伝えた。

スキージャンプ女子の伊藤有希選手は「帰国後に一番やりたいことは何か」と聞かれ、すぐさま「温泉に入る」と回答。話によると、日本の女子ジャンプ代表4人は他国の選手2人とともに6人で同じ宿舎で寝泊りしていた。そこには浴槽もあったようだが「お湯の温度が低すぎて体がほとんど温まらなかった」とのことだ。

また同じくスキージャンプの岩渕香里選手も「入浴の時、熱いお湯が出る時間が短くてすぐに水に変わってしまう。なので、お風呂の時間は試合以上に緊張感があった。みんな平昌での入浴時間が足りなかったと思っているので、日本に帰ったらゆっくりお風呂に入りたい」とコメントしている。

記事は、選手たちのコメントに対して日本のネットユーザーから続々と同情のまなざしが送られたと伝え、「韓国での大会はある意味、苦行。強い風に低すぎる気温、ウイルス、そしてまともに入浴もできない。ひどすぎる」「入浴時の水温が低すぎると風邪をひきやすい。もう帰って来たからいいけれど、長い時間いたら病気になるんじゃないかな」「こんな残酷な環境で試合をするなんて、あまりにかわいそう」「6人部屋って、言葉も出ない」といったコメントを紹介している。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「選手村」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「選手村」のニュース

BIGLOBE
トップへ